グリーとディー・エヌ・エーを分析する

群雄割拠のソーシャルゲーム業界の先行きは?

ただし、グリーの場合は業績が陰ってきたことから、今期は投資額を絞っていることに注意してください。「投資活動によるキャッシュ・フロー」は、前年同期は283億円計上していましたが、今期はわずか21億円です。これは、前期は好調だったことから積極的に投資を行っていましたが、業績が悪化した今期は支出を減らしたと考えられます。

今後、グリーやDeNAの業績が再び盛り返すかどうかは、予測ができません。先ほども説明しましたが、この業界は当たれば大もうけできますから、ひとえにゲームのヒット作が出るかどうかにかかっているからです。

ただ、ベースの部分で、ある程度の利益を出し続けることができれば、ヒット作を生み出すまでの時間や資金を稼ぐことができます。あとは、確率論です。当たるゲームが出るかもしれませんし、出ないかもしれない。そういう意味でも、成長性の見極めが難しいのが、この業界の特徴です。

このビジネスモデルでの成長がいつまで続くかはわかりませんが、ソーシャルゲーム自体が廃れているわけではありませんから、しばらくは高収益が続くのではないかと思います。いずれにしても今後の業績に注意が必要です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT