「年収1億円超」の上場企業役員ランキング500

1位は24億円超、2億円以上の報酬は201人

5位は、総合スーパー「ゆめタウン」創業者で、イズミ前会長である山西義政氏(18億3800万円)。同氏の報酬にも、18億2100万円の退職慰労金が含まれている。

3位は、ソフトバンクグループの副社長であるマルセロ・クラウレ氏の21億1300万円(昨年は18億0200万円)。昨年32億6600万円で1位だった、同グループ副会長のロナルド・フィッシャー氏は、6億8000万円で16位に順位を下げた。

記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」はこちら 。各種データのカスタマイズにも対応します。

その一方、「ビジョン・ファンド」最高経営責任者(CEO)のラジーブ・ミスラ氏は16億0600万円で6位となり、昨年の7億5200万円から倍増している。

4位は、武田薬品工業のクリストフ・ウェバー氏で、社長としてはランキング首位になっている。報酬は20億7300万円と、昨年の17億5800万円からさらに増加した。

日本企業の役員報酬は増えたのか

役員報酬総額が10億円を超える役員は10人。そのうち6人を外国人が占める。

一般的なサラリーマンの生涯給料の目安といわれる2億円以上の報酬を得ていた役員は201人に上った。昨年の205人からはやや減少しているが、2年前の179人と比べると日本企業の役員報酬の水準は高まりつつある。

なお、親子上場している会社から同一人物がそれぞれ報酬を得ている場合、複数ランクインしてしまうため、1つにまとめて表記している。ソフトバンクグループの宮内謙氏がそれにあたる。

また、Zホールディングス社長の川邊健太郎氏は、報酬を孫会社である同社からのみ得ているため、孫会社の名前と役職を記載した。子会社からのみ報酬を得ている、GMOペイメントゲートウェイ社長の相浦一成氏に関しても同様に記載した。

次ページ【表】1~50位のランキング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT