「平気で大ウソを吐く」アメリカ大統領のヤバさ

トランプが共和党大会で吐いた4つの大ウソ

アメリカのトランプ大統領がいかに大嘘付きか、ほんの一部を紹介する(写真:Sean Rayford/Getty Images)  
大統領選挙に向けてトランプ大統領が指名受諾演説をした共和党の全国党大会はこれまでの実績からコロナ対策まで、嘘のオンパレード。

トランプ大統領は嘘がてんこ盛り

日本語は面白い。同じ表現でもイントネーションによって微妙に意味が変わる。例えば「ウソだ」。頭にアクセントをつけて「嘘だ!」と、真実と異なる発言などを指摘するときによく使う。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

一方、アクセントを「だ」につけて、語尾を少し伸ばすと「ウソだ~」になり、物事に対しての驚きを示すときに便利。前者は「信じてはいけない!」という偽りの情報に、後者は「信じられない!」という非常識な光景に用いるのだ。というか、なんで僕が日本人の読者に日本語を解説しているんだろう……。

とにかく、僕はドナルド・トランプを正式に大統領候補として指名した8月の共和党大会を見ながらこの2通りの「ウソだ」を繰り返して口に出していた。

まずは4日間にわたって開かれた党大会に登場した嘘を紹介したいが、その選択肢は豊富。CNNによると、共和党大会には初日だけで民主党大会の4日分以上のウソが披露された! だからここで僕が選んだトップ4だけを取り上げることにしよう。オンラインとはいえ、スペースには限りがあるから。

1)「トランプは公約を全部守った」。ウソだ! ワシントン・ポスト紙のまとめによると、前回の大統領選中にトランプが挙げた最も重要な公約60個のうち、結局守ったのは35%だけ。これで「全部」というなら、僕もアメリカ政府に課税された額の35%だけ納税しようかな。

2)「民主党は郊外を廃止する予定だ」。ウソだ! というか、意味わからない。公害ならなくしたいでしょうけど。「(民主党大統領候補の)ジョー・バイデンは〇〇を廃止する予定だ」というウソは、前からトランプの定番レトリック。

以前に廃止対象としたのは、警察や刑務所など。でも、僕のお気に入りは、バイデンの環境対策は「石油や天然ガスの産業を廃止し」さらに「窓もなくなる」という主張。どういうことだろう? バイデンが当選したら、住宅やビルの窓がすべて壁に変わるということでしょうか。もちろん、トランプが「ほぼ完成した」と言い張るメキシコとの国境の「壁」と同じぐらいの空想だ。

次ページいちばんひどかったウソは…
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT