米8月雇用137.1万人増、失業率は8.4%に改善

7月から鈍化、市場予想の140万人増を下回る

 4日、米労働省が発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比137万1000人増となり、伸びは前月の173万4000人から鈍化したほか、予想の140万人も下回った。写真はカリフォルニア州で7月30日撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米労働省が4日に発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比137万1000人増となり、伸びは前月の173万4000人から鈍化したほか、予想の140万人も下回った。政府支援策の効果が薄れる中、新型コロナウイルス感染拡大で引き起こされた景気後退(リセッション)からの回復が危ぶまれている。

雇用者数には国勢調査のため臨時採用された人が含まれ、全体の伸びの約5分の1を占めた。失業率は8.4%と、7月の10.2%から改善。予想は9.8%だった。

企業に対する政府の給与支援プログラムは失効もしくは終了の瀬戸際にある。失業給付を週600ドル加算する特例措置は7月末に期限切れとなった。新型コロナの感染拡大に伴い経済活動は3月中旬以降、ほぼ停止状態に陥っていたが、政府や連邦準備理事会(FRB)による大規模な経済対策が下支えとなり、持ち直しに転じた。

雇用者数は6月時点で478万1000人増加。その後は鈍化傾向が続いている。コロナ禍前の2月時点と比較すると、なお1150万人もの雇用が失われているほか、失業率は4.9%ポイント悪化している。

一時帰休や解雇の動き拡大

これまでの雇用の伸びは一時帰休からの復帰が大半を占める。コロナ感染は夏場にかけて急増し、その後は安定化の兆しも見られるが、なお多くのホットスポット(一大感染地)で感染が継続している。

ユナイテッド航空<UAL.O>は2日、コロナ禍による航空業界への打撃が続く中、10月1日に従業員1万6370人の一時帰休を計画していると発表。自動車大手フォード・モーター<F.N>も2日、年末までに米国で1400人のホワイトカラー職の削減を目指すと明らかにした。

FRBは2日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、経済活動は8月下旬にかけて小幅ながら拡大し、雇用はおおむね増加したものの、成長は一部地域で引き続き停滞したとの認識を示した。また一部の地区では、特にサービス業で雇用の伸びが鈍化し、変動が大きくなっているほか、需要が引き続き軟調なため、一時帰休の労働者が恒久的に解雇されるケースが増えていると指摘した。

4─6月期の米国内総生産(GDP)は31.7%減と記録的な落ち込みを記録した。7─9月期のGDPは30%程度持ち直す可能性もあるが、雇用の減速は個人消費を直撃する形で10─12月期のGDPに影響を及ぼすとみられる。

時間当たり平均賃金は前月比0.4%増と、前月の0.1%増から伸びが拡大した。予想は横ばいだった。平均週間労働時間は0.1時間伸び34.6時間。ただ労働統計局(BLS)は、賃金や労働時間の伸びをあまり深読みしないよう注意を促した。コロナ禍による雇用の喪失は低賃金のサービス業に集中している。

労働参加率は61.7%と前月の61.4%から上昇。現在は職を探していないが働く用意のある人(縁辺労働者)や正社員になりたいがパートタイム就業しかできない人を含む広義の失業率(U6)は14.2%で、前月の16.5%から低下した。

民間部門の雇用者数は102万7000人増加。内訳では、小売が24万9000人増。専門職・企業サービスは19万7000人増。伸びの半分以上は人材派遣が占めた。娯楽・宿泊は17万4000人増と、前月の62万1000人増から鈍化。製造業は2万9000人増。建設は1万6000人増。運輸・倉庫は7万8000人増。政府関連は34万4000人増。このうち23万8000人が臨時採用だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT