新型コロナにまつわる致命的な「3つの大嘘」

「コロナ大不況」も「世界が変わる」も大間違いだ

さて、競馬である。

前回の記事「『政府は愚かだ』と批判する人が気づくべき真実」の最終ページで、クイーンステークスも含め、世代別などで複数のレースをG1レースとして開催する「夏の札幌G1ウィーク」を創設せよ、と提案した。これは私だけが言っていることではなく、北海道競馬関係者は熱望していることである。

札幌記念は「G1昇格」+公式「凱旋門トライアル化」を

そして、その中核にあるのは、23日(日)に行われる札幌記念(G2、札幌競馬場11R、距離2000メートル)である。かつて、札幌競馬場はダートだけで、札幌記念とはダート王者決定戦であり、リキサンパワーなどが勝ち(メジロアサマやプリティキャストも出走し、いずれも2着)、最後のダートの札幌記念の勝ち馬はダイナレターだった。

いまでは様変わりして、フランスの凱旋門賞の叩き台として使われることも多い。昨年の札幌記念は同賞に出走の意向を表明していたブラストワンピース、フィエールマンがそれぞれ1着、3着だった。なお凱旋門賞ではブラストワンピースが11着。フィエールマンは結局不出走だった。

私は、札幌記念をもう少し早い時期にしてG1にするだけでなく、ここを勝った馬が凱旋門遠征をする場合は、JRA(日本中央競馬会)がその費用を負担する、というようなボーナスをつけて開催することを提案したい。社台グループの皆様、すべての競馬関係者の皆様、いかがでしょうか?

今年の札幌記念は、G1ホースが3頭参戦する。現役最強牝馬のラッキーライラックが人気だが、私は忘れられかけたG1馬、ペルシアンナイトの一発に賭けたい。単勝と複勝。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT