ヨシタケシンスケがラーメン屋で気づいた真理 本当に食べたいものは「底」にあるんじゃない?

印刷
A
A

「サァ!今日も元気に顔色をうかがっていこっ!」

「サァ!今日も元気に顔色をうかがっていこっ!」

「おおー!」

って。これは、みんなで、朝1発目に気合いを入れるためのかけ声です。

もうこれ以上でもこれ以下でもない。社会人がやってることって、ほぼこれだけじゃないかとも思います。

肯定係

感謝係の次は、肯定係。そのままでいいのよ。大丈夫よ。しなくていいのよ。って、言ってくれる。あなたはいいのよ、そのままで、って。よく考えてみると、必要だったじゃないですか、やってよかったじゃないですか、それ、糧になってますよ、とか。

肯定係の方々はプロなので、「不要な肯定はしない」「甘やかしすぎない」ってのがポイントですね。すぐにでも来てほしいです。

人は日々、「雪かき」をしている

必要なところだけじゃまなものをどける

大雪が降ったとき、みんなが使うところだけ、雪をどけるわけですね。そうすると、街で普段使ってるところだけが可視化される。っていうことは、この今、白い雪の残っている道のところは、実は普段なくてもいいのがわかる。

関東は、めったに雪が降りません。だからたまに積もると、急に社会が見える。若い家族の家の前は、早くから雪がどけられている。夕方まで雪が残ったままなのは、雪かきしたいけどできない家。1人暮らしのおじいちゃん、おばあちゃんの家なんだっていうのも、わかる。雪がいろんなものを可視化させる。

反対側のお隣がいい人で、うちの雪かきもやっちゃうぐらいのパワーがあるとか、生き物としての強さもそういうときに出る。だから、雪の日は怖いんです。いろんなものが噴出するんで。

『欲が出ました』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

必要なところだけじゃまなものをどける、って。面白くないですか。世の中、みんな無意識にじゃまなものをどけながら生きてるわけです。それも最小限。たくさんどけるのは、大変だから。少ない労力で必要なところだけ、やる。でも、その人その人で、家々で最小限のエリアが違うわけですよ。車があれば、もっとどかさなきゃなんないとか。

人生においても、その人その人のじゃまなもの、雪に代わる何かそういうものがあるはずで、みんなやっぱり雪かき的なことを毎日やりながら生きてるんだろうなあって、思ったんです。

あの人は、何をどけて生きているのか。

普段何気なくどかしてるけど、どけたことを本人はわかってないかもしれない。

それを、雪みたいに見えるようにできないだろうか、って。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT