ヨシタケシンスケがラーメン屋で気づいた真理

本当に食べたいものは「底」にあるんじゃない?

絵本作家・ヨシタケシンスケ氏のイラストをエッセイで解説したものを、一部ご紹介します(イラスト:ヨシタケシンスケ)

普段からスケッチ帳を持ち歩き、思ったことを書き留めているという、絵本作家のヨシタケシンスケ氏。実際に、このスケッチ帳から絵本のアイデアが生まれることも多いといいます。このスケッチ帳から選りすぐりのイラストをエッセイで解説した『欲が出ました』から今回は一部抜粋して掲載します。

こんな写真集が欲しい

欲が出たときの顔

ひょっとしたらこのまま作家になれるんじゃないか?これはプチ欲が出たときの顔。お菓子をもう1個取っていいんじゃないかとか、俺はもうちょっと寝てていいんじゃないかとか、人間って欲が出る瞬間があるわけです。欲が出るから成功もするし、欲が出るから失敗もするわけなんですけど。こういう自分の中で欲が出た瞬間って、どんな顔をしてるのかな?と思ったんですね。

黙ってたらもう1個取ってもわかんないんじゃない?

人間ってそういう、あれ?いけるんじゃない?みたいなとき、何とも言えない顔をする。そんな欲が出た瞬間の顔ばっかり集めた写真集があったら、ぜひ買いたいと思いました。あー、この人、欲出てるわ、いけると思っちゃったんだろうな、ってのをたくさん見てみたい。ただ、どうやってその瞬間を写真に撮るかが、一番問題なんですけど。

という感じで、脈絡ないんですが、いつも、思ったことをそのまま描いてます。

表面にうかんでるイロイロ

ラーメン屋さんに行くと、スープがよく大きな寸胴で作りおきしてある。表面にネギとか豚骨とかが浮いていて、そのスープをすくうときには、それをおたまですーっとどかしてからすくうんですよね。それが楽しくていつもよく見るんですけど。

欲しいものは下のほうにある、澄んだいろんなものが抽出されたもの。なんだけれども、表面にはその材料がいっぱい浮かんでる。で、いきなりがぽっとよそってしまうとそういう余計なものが入ってきてしまうので、その前に、表面に浮かんでるイロイロを丁寧にどかしてからすくう、って作業が必要になる。

作品を作るときも、本来言いたいこと、伝えたいこと、面白いなって思ってることを表現するためには、何か余計なものをどかす必要がある。

次ページこの世にいて欲しいいろいろな「係」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT