コロナで加速したエレベーター界の働き方改革

通勤時間を減らし、1台でも数多く点検する

エレベーター保守業界は、コロナ禍でグローバル基準の働き方改革を期せずして迫られた(写真:haku/PIXTA)
メーカー系のエレベーター会社がシェアを握る日本のエレベーターメンテナンス業界の中で、唯一上場している独立系メンテナンス会社がジャパンエレベーターサービスホールディングスだ。
同社は2017年に東証マザーズ上場、2018年に東証1部へ市場変更を果たし、メーカー系に劣らない技術力と価格競争力を強みに急成長を続けている。コロナ禍の最中にあって、2021年3月期も増収増益を見込む。
アフターコロナにエレベーターメンテナンス事業はどうなるのか。1994年に同社を創業した石田克史会長兼CEOに聞いた。

車を貸与し、現場へ直行直帰

――コロナ禍で足元の事業環境は?

緊急事態宣言下で通常通りの営業はできなかったが、すでに戻った。エレベーターは景気が悪くなったからといって止めておくわけにはいかない。東日本大震災のときもそうだったが、エレベーターを動かさないと物も運べないので、メンテナンスは止まらない。

コロナの影響を受けて、経費節減のためにメンテナンス料金を削減したいというビルオーナーの声が4月ごろから増えている。

三菱や日立と比べると、当社は信用力の面では勝てないにしても、独立系のサービスと金額に魅力を感じている顧客からすると、東証1部に上場していて、エレベーターのメンテナンス契約台数が(独立系の中で)一番多い当社を試してくれる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT