STI社長に直球質問!「スバルSTI」の現在と未来

スバルやトヨタとの関係は?電動化対応は?

――具体的にどうするか、計画はあるのか?

まず、(企画展でも展示した)STIのフィロソフィーを多くの方にわかっていただきたい。

例えば、コンプリートカーのSシリーズでも「長距離を乗って疲れない」ということを。そのうえで日本市場向けでは、車種展開を増やしていきたい。

東京オートサロン2020で初公開された「レヴォーグ STI Sport」のプロトタイプ(写真:SUBARU)

(直近の)「WRX S4 STI Sport♯」によるWRX、BRZ、そして新型「レヴォーグ」以外にも増やしたい。

アメリカ市場では、STIがまだグレードとしての認識なので、S209を筆頭にSTIをスバル最高峰のブランドとして認知度を高めていきたい。

――価格帯としてさらに高額なモデルもありうるのか?

ありうるが、もう少し時間をかけてやっていく。(少なくとも)S209の延長戦は、やめるつもりはない。

――電動化についてどう見ているか? 平岡社長は2000年代後半、スバルでエンジン開発部長からEV推進室長を担当されたご経験もあるが。

電動化は必然だ。電動化の波をいつまでも避けていられない。モータースポーツの世界では(F1を筆頭に)電動化が先行している。STIとしても、電動化の先行開発をやらなければならないと思っている。電動系パーツの独自開発は(予算や開発効率的にも)難しいので、パートナーと組むことになるだろう。

――将来的にはEVのSTIも考えられる?

だいぶ先になると思うが……。そもそもEV需要は高額なスーパースポーツでの可能性が高いと、(実際のEV開発を通じて)考えてきた。そのうえで、EVにおける課題は今でも発電などインフラ側に大きいと思う。

――どのような形にしろ、STIはスバルを代表するブランドとしてあり続ける?

STIとして最大の意義は、スバルブランド全体を引き上げていくことにある。その手段の1つが、現時点では特装車(コンプリートカー)であり、パフォーマンスパーツであり、モータースポーツだ。

――最後に「With コロナ」の時代、STIファンやスバルファンに伝えたいことは?

まず、医療関係者や物流関係者の皆さんの日々の努力に、本当に感謝している。こういう時代は、ファンの皆さんの気持ちがどうしても沈みがちになるが、モータースポーツや新しいグッズなど、少しでも気持ちが明るくなる話題をお届けできるよう頑張っていくので、引き続き応援してほしい。

EJエンジンの終焉とともに新たな時代へ

EJエンジンの歴史が幕を閉じ、そしてSTIは新たなるステージに挑む。STIギャラリーでの企画展と常設展示は、その思いを具現化したものの1つだ。現時点では開催期間を明確にしていないが、これまでは、半年から1年程度でギャラリー展示内容を変更してきた。STIについて深く知りたい方にはぜひ、ご体感をお勧めする。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT