「米中対立」で8月の日経平均はどうなるのか?

今週は注目の1週間、「新常態」の投資手法とは

コロナと共存する新しい生活様式で営まれる経済を「7割経済」と呼ぶが、レストラン、劇場、スポーツ等の対面サービス産業では、入場者を「市松模様型」にしたとしても、最高は5割程度だ。

また日本政府は2012年12月から続いた景気拡大期間が2018年10月に終わり、景気後退局面に入ったと認定する方向で検討している。

日銀の「ETF買いのルール」が変わった?

そうなると景気回復期間は71カ月となり「いざなみ景気」(02年2月~08年2月の73カ月)を更新できず、当初期待されていた「戦後最長の景気拡大」になることはできない。もちろん、今のまま状態では量的緩和の手は緩められない。

つまり、5割、7割経済による需要の減退分を、緩和政策のお金で補う「新常態経済」が続くことになる。需要をお金で補う世界では、言ってみれば株価は下がることが出来なくなる。今ではあまり使われない「不景気の株高」が出現することになる。もしそれに齟齬をきたすことが起これば、世界各国や中央銀行は「躊躇(ちゅうちょ)なく」対策を実行する。

これに関連して、兜町では最近、日銀のETF(上場投資信託)買いのルールが変わったと言われている。前場のTOPIX(東証株価指数)下落率が0.5%以上なら無条件に買うのは今まで通りのようだが、0.25%以上でも前2日が前日比マイナスならば買っている。

需給で見ると、今年の外国人売りのほぼすべてを日銀が買った形になっているが、この体勢はさらにレベルを上げているのだ。その意味で、8月における「日銀が1日に買う金額」にも注目したい。6月の1001億円、7月は1002億円(設備投資ETF 12億円、J-REIT 15億円以外)だが、変更はあるのだろうか。

次ページ8月相場の懸念材料は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT