米アマゾン株、約10%急落

新事業への投資拡大への懸念で

 4月25日、午前の米株式市場で、アマゾンの株価が約10%急落した。写真は同社の箱。コロラド州で2008年7月撮影(2014年 ロイター/Rick Wilking)

[25日 ロイター] - 25日午前の米株式市場で、オンライン小売のアマゾン・ドットコムの株価が約10%急落した。前日発表した第1・四半期決算は市場予想を上回る増収となったものの、新事業展開に向けた投資拡大が懸念され、少なくとも13の証券会社が目標株価を引き下げた。

レイモンド・ジェームズのアナリストは顧客向けノートで「継続している大規模な投資サイクルの終わりが見えない」とし、投資判断を「ストロングバイ」から「アウトパフォーム」に引き下げた。

またアナリストの間では、アマゾンが提供するクラウドコンピューティング・サービスが価格競争に直面する公算が大きいとの指摘が出ている。

アマゾンの第1・四半期売上高は23%増の197億4000万ドルとアナリスト予想の平均194億ドルを上回った。同時に、営業経費は23%増加し、新事業展開のために技術・コンテンツ・倉庫への投資を大幅に増やしていることも明らかになった。

ロイターが確認した証券会社14社のリサーチノートのうち、キャンター・フィツジェラルドは、アマゾンの目標株価を10ドル引き上げ425ドルとした。短期的に投資によって採算性が圧迫される公算が大きいとしつつも、将来的には事業が拡大し、市場シェアも伸ばすと予想している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT