中国が「電気自動車」をめぐる政策を見直す事情

低燃費車とされるHVやMHEVなどの車種を優遇

2020年1~6月の中国HV販売台数は約13万台で、市場全体の9割超を日系HVが占めている。トヨタのカローラ、カムリ、ホンダのアコード、インスパイアなど日系HVが、現地生産による高いコストパフォーマンスを実現した。

HVを強みとする日系に追い風か

一方、48VのMHEVシステムを採用したベンツCクラスとEクラスの販売台数は2020年1~6月に計6万台を超え、日系HVを攻める勢いを見せている。

低燃費車の生産を中心とするメーカーはNEV生産台数が少量でも、多くのガソリン車を生産・販売できることになる。こうした中、燃費規制に苦しむ地場メーカーにとっては、構造が複雑でかつ開発コストも高い日本のフルHVへの新規参入に勝機を見出せないため、構造がシンプルな48VのMHEVへの期待が次第に高まる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ただし、MHEVが燃費改善効果で日系HVに劣後しているため、ドイツ系メーカーは1.5リットルの3気筒ターボエンジと48Vの組み合わせで低燃費の実現を図っている。

中国におけるEV政策の軌道修正はHVに強みを持つ日本車の需要も喚起すると期待される。他方、ボッシュやコンチネンタルなどドイツ系サプライヤーが中国で48Vシステムを大量に供給すれば、ドイツ系自動車メーカーのMHEV参入も加速する。

実際、フォールクスワーゲンは今年の秋に48VのMHEVシステムを採用する新型ゴルフ(第8世代)を中国で生産する予定で、今後、中国の低燃費車市場をめぐる日独争いが一層激しくなりそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT