「エリート家族」が生きがいだった老女の末路

息子はアメリカの名門校を卒業後、帰国せず

自慢の夫を亡くし、エリート街道まっしぐらの息子はアメリカに――。生きがいをなくした女性はどうなってしまったのでしょうか(写真:bee/PIXTA)

「こんなはずじゃなかったんです。こんなはずじゃ……」

細く痩せた両手で敷き布団のシーツをギュっと握り締めながらヨネ子さんは「わぁ~!!」と泣き崩れてしまいました。ヨネ子さんは、1日のほとんどをこの畳に敷いた布団で過ごしています。

窓の外はジリジリと太陽が照っていて蝉が勢いよく鳴いているのに、ヨネ子さんの部屋だけは季節を忘れたように薄暗く少し湿り気がありました。

筆者が訪問介護の仕事をしていた時代に担当していたのが、このヨネ子さん(仮名、当時76歳)で、暑くなる今頃の季節になると、必ずと言っていいほどヨネ子さんのことを思い出します。

自慢の家族がいなくなり軽度のうつに

ヨネ子さんは3年前にご主人を亡くし、都内の戸建てに1人暮らしをしていました。

ご主人は生前、国内だけでなく海外でもとても有名な科学者でした。息子さんも2人いますが、2人ともエリート街道まっしぐら。大学はアメリカの名門校へ進み、卒業後も引き続きアメリカで多忙な生活を送っていましたので、ヨネ子さんにとって頼れる家族が近くにいない状態でした。

もちろん、現代のようにビデオ通話などもない時代でしたので、何年かに一度帰国したときにしか会えないですし、マメに電話をしてくるような感じでもありませんでした。

ご主人が他界してからというもの、軽度のうつ症状が続き、筆者が訪問担当することになったのです。

「1人でいる時間がとにかく不安で仕方がないの。今まで1人でいたことがなかったからどうしていいかわからない。本当なら今頃、息子家族と孫に囲まれて幸せに生活している自分しか想像してこなかった。こんなふうになるなんて考えもしなかった」

介護職時代、沢山の方を担当をしてきましたが、配偶者を亡くしてシュンと小さくなるのはいつも年老いた男性ばかりで、未亡人となった女性のほとんどが、身体が多少不自由になっても、何かに吹っ切れたように伸び伸びと自由に生活しているケースが多かった中、ヨネ子さんはまるでその逆をいくようでした。

次ページご近所へのマウント、嫌われ孤立
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。