アップルとグーグル、人気ゲームめぐり火花

ゲームアプリの優先配信で、競争激化か

4月20日、-米アップルとグーグルが人気ゲームのタイトルを自社の基本ソフト搭載端末向けにまず先に販売してもらうため、開発者に働きかけていると米ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。ベルリンで2012年8月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[20日 ロイター] -米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、関係筋の話として、米アップルとグーグルが人気ゲームのタイトルを自社の基本ソフト(OS)搭載端末向けにまず先に販売してもらうため、開発者に働きかけていると伝えた。

WSJによると、両社はそれぞれのアプリストアの目立つ位置にこれらのゲームタイトルを掲載することを開発業者に提案している。

両社からのコメントは今のところ得られていない。

WSJによると、アップルはゲームソフト開発・販売の米エレクトロニック・アーツ(EA)の「プラントVSゾンビ2」について、アプリケーション販売サイト「アップストア」で優先的に販売を促進できるよう合意を結んでいた。また、人気パズルゲームの「カット・ザ・ロープ」の続編についても、開発元と同様の合意を取り付けていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。