アップルとグーグル、人気ゲームめぐり火花

ゲームアプリの優先配信で、競争激化か

4月20日、-米アップルとグーグルが人気ゲームのタイトルを自社の基本ソフト搭載端末向けにまず先に販売してもらうため、開発者に働きかけていると米ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。ベルリンで2012年8月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[20日 ロイター] -米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、関係筋の話として、米アップルとグーグルが人気ゲームのタイトルを自社の基本ソフト(OS)搭載端末向けにまず先に販売してもらうため、開発者に働きかけていると伝えた。

WSJによると、両社はそれぞれのアプリストアの目立つ位置にこれらのゲームタイトルを掲載することを開発業者に提案している。

両社からのコメントは今のところ得られていない。

WSJによると、アップルはゲームソフト開発・販売の米エレクトロニック・アーツ(EA)の「プラントVSゾンビ2」について、アプリケーション販売サイト「アップストア」で優先的に販売を促進できるよう合意を結んでいた。また、人気パズルゲームの「カット・ザ・ロープ」の続編についても、開発元と同様の合意を取り付けていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT