人間の器量 福田和也著

人間の器量 福田和也著

文芸評論家である著者は、戦後日本人がかくも小粒になったことを嘆く。優秀な人、感じのいい人はいても、「器の大きい人」にはなかなか出会えないと。

あえて誤解を恐れずに言えば、それは60年にわたって戦争がなく「治にいて乱を忘れ」てしまったこと、教育の方法を間違えたことに理由がある。つまり、勉強ができる人、平和を愛する人などは育てても、人格を陶冶するとか、心魂を鍛えるといったことを怠ってきたのだ。

著者が歴史上の人物で、器量が大きいと考える明治の元勲から戦後の経済成長に貢献した企業家、あるいは希代の文学者などを俎上に、その生き方を紹介しながら人間の器量とは何かを検証する。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。