速報!四季報プロ500で見る「高ROEランキング」

コロナ後、好財務で好業績なのは、あの銘柄

4位には”工具界のアマゾン”、MonotaRO(3064)が入った。間接資材のネット通販が法人顧客向けにやや鈍化するものの、個人など新規顧客の獲得が順調。新型コロナ影響で衛生用品も伸びており、2020年12月期も最高益を更新する見通しである。5月の売上高が1割増と堅調だったことで、こちらも株価上昇に弾みがついた。足元では過熱感が台頭。時価総額1兆円を超え、PER80倍前後でモミ合うという展開だ。

同様に市場人気が高いところでは、9位のレーザーテック(6920)だろう。最先端半導体向けのEUV(極端紫外線)光を使用したマスクブランクス検査装置が好調で、2020年6月期、2021年6月期と最高益の更新が続く見通しだ。株価は長期上昇トレンドを描き、3月の急落も早期に修復しており、下値を切り上げる動きが続いている。時価総額も1兆円に届いているが、押し目を入れながらのジリ高展開で、好業績も支援材料に崩れにくい相場つきをみせている。

大型株なら中外製薬やワークマンにも注目

株価好調で時価総額1兆円以上の大型株で探せば、中外製薬とワークマン。そして、エムスリーに注目したい。

時価総額9兆円を超え、日本のビッグカンパニー入りを果たしたのが、21位の中外製薬(4519)だ。業績も好調が続く。2020年12月期は血友病薬「ヘムライブラ」が海外向けに拡大。ロイヤルティ収入も膨らむ。さらにガン領域の新製品も寄与し、最高益更新が続く見通しだ。株価を押し上げているのは、当面の好業績に加えて、関節リウマチ治療薬「アクテムラ」が新型コロナウイルスの重症患者向けに治験が進んでいること。6月に入っても軽い押し目を入れながら、上場来高値の更新が続いている。

29位で話題のワークマン(7564)については、年初に1万円の大台にあった株価がコロナショックもあり、3月17日には5400円まで半減。切り返して下値を切り上げる動きが続き、再び1万円をうかがう展開である。前期の着地も計画から上振れ。2021年3月期も新規出店と「ワークマンプラス」への改装効果で最高益が見込まれる。ROEも20%に迫る勢いだ。

最後に挙げたいのは医療従事者向け情報サイトを展開する46位のエムスリー(2413)。2021年3月期もマーケティング支援が牽引。最高益が見込まれるうえ、オンライン診療への取り組みもコロナ対策関連として脚光を浴び、時価総額は3兆円を超えた。足元の株価はスピード調整段階だが、値もちがよく、13週移動平均線との乖離を埋める展開だ。

いずれにせよ時価総額上位の顔ぶれをみると、その顔ぶれは新型コロナの前後で大きく変わった。先行き不透明な市場で新たに上位にランクインしたのは、安定しながら成長も見込める、財務良好で高ROEの企業なのだ。

次ページからはそんな”いいとこ取り”の銘柄を100社並べた。投資家の方々にはぜひとも参考にしていただきたい。

次ページ「高ROEランキング」1~50位
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。