夫を「主人」と呼ぶ人に感じるモヤモヤ感の真因

経済力がある、若い女性までなぜ使うのか

そうした時代に広まった主人という言葉には、奴隷制度に例えたくなるぐらい女性の権利を認めなかった、明治の法律を思い起こさせるところがある。奴隷の所有者も、主人と呼ばれる。この言葉は、夫婦の間に上下関係を作る。「主人に聞いてみなければわかりません」という、セールスに来た人を追い払うのに役立つフレーズは、自分を無能力者と公言する効果を持つのだ。

昭和を知らない世代は、もしかするとプレイやポーズとして、この言葉を使っているかもしれない。仕事を持っているにかかわらず、あえて夫を主人と呼ぶ。夫たちが妻をわざと「ヨメ」と呼ぶ。それはどこか、結婚することが難しい時代に、結婚している相手がいることをアピールしているようにも聞こえる。しかし、先述のような来歴を持つ言葉をくり返し使うことは、夫婦に上下関係を作っていかないだろうか。

「嫁」という呼び方は?

主人という呼び名が定着したままでは、夫を再び戦前の戸主のように権限を持つ存在にするかもしれない。90%以上の妻が生まれ持った名字を捨てる夫婦同姓強制の戸籍制度は、その象徴に見える。コロナ対策で世帯主が家族の分まで受け取る特別定額給付金も、そうした感覚の延長線上にあるのではないか。今は本当に令和なのか。

若い夫たちがプレイとして呼ぶ嫁も、字の通り「家の女」という意味である。それはイエ制度を法的に保証した明治民法のもとで、戸籍の一番低い地位に長男と結婚した女性が入ったように、女性の地位を低くしかねない。女性の中には、舅姑の言いなりで、1日中無給で家業のために働かされ、息子を産まなければ家の一員とも認めてもらえなかった戦前の女性を連想する人もいる。

主人という言葉は、女性が自分で自分の人生を決める権利を失ってもよい、というニュアンスを含む。夫が家事や育児をしなくても、家にお金を入れなくても、浮気しても、暴力をしても耐えなければならないイメージがある。

佐々木氏が主人という言葉を意識的に使ったかどうかはわからない。しかし、これに違和感を覚える人が少なからずいたのは、その言葉を使うことで、自分が主体的にそれでも渡部氏と一緒にいたいという宣言文ではなく、従属的な妻であると見えてしまったからではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT