五輪ゴルフで大金星、気炎を吐くデサント

ミズノやダンロップに公式ウエアで競り勝つ

一方、デサントは、ゴルフ向けは日本や韓国を中心にウエアやアクセサリーを展開する程度。ゴルフクラブはもちろん、シューズも手掛けていない。これまでJGAの公式サプライヤーではなく、夏季五輪採用の他競技で見ても、競泳の水着(独占供給でなくミズノやアシックスとともに供給)や、カヌーの公式競技ウエアを供給する程度にとどまっていた。それが、五輪の正式競技となり、世界的な人気が一段と高まりそうなゴルフ分野で“大金星”を挙げたことになる。

しかし、サプライズはこれだけではなかった。この日の会見で発表された、もう一つのビッグニュース。それは、自前の「デサント」ブランドでゴルフウエア分野に参入するというものだ。

導入ブランドでなく「デサント」で勝負

五輪競技への復活でゴルフ人気は高まるか(写真はイメージ)

デサントのゴルフウエアといえば、「マンシングウェア」を筆頭に、「ルコックスポルティフ」「ランバン スポール」「カルバン・クライン ゴルフ」といったマルチブランドで展開されてきた。いずれも欧米の人気ブランドを導入したものだ。

この中には、日本や韓国など東アジアでの商標権を買収した、地域限定の自社ブランドも含まれる。基本的には、海外からの導入ブランドであるため、欧米市場では展開できなかった。

現在、同社は野球、バレーボール、スキー向けなどに「デサント」ブランドのウエアを展開しているが、ゴルフ向けは初めて。自前ブランドであるため、海外展開が可能なものの、欧米市場では今のところ、スキーなどウインタースポーツ向けしか販売していない。

次ページデサントが描く青写真
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT