「がんが治る」保証ないニセ情報が危険すぎる訳

間違った治療を選択しても責任は患者にある

がん患者が「フコイダン」に多額のお金を使うのは、効果を信用しているからだ。大きな影響を与えているのが、ある国立大学研究室の存在である。所属する研究員によるウェブサイトは、効果を次のようにうたう。

「低分子化フコイダンは、がん細胞に直接作用し、がん細胞を自然死(アポトーシス)に導きます。また、がん細胞に栄養を運ぼうとする血管が新たにできることを抑制し、患者さん自身の免疫力を高めます」

この国立大学研究室は実験によって、「フコイダン」の抗がん剤作用を確認したと公表している。ただし、同研究室が行った実験は、「in vitoro(イン・ビトロ)」=「試験管の実験」の段階だった。試験管の中で確認されたことが、患者の体内で同じく作用するとは限らない。だから、多数の患者を対象にした臨床試験によって、有効性を確認することが必須になっている。

「間接的に聞いているし、自分も確信している」

ちなみに同研究室は、医学系ではなく、農学系に属している。担当の研究者は、電話インタビューに対して次のように答えた。

『やってはいけないがん治療 医者は絶対書けないがん医療の真実』(世界文化社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

「自分は医者ではないので、臨床研究論文は書いていない。フコイダンの効果については間接的に聞いているし、自分も確信している。フコイダンの研究は食品の範囲内であり、医薬品にする計画はない」 

新型コロナウイルスの感染がピークアウトした現在、国内の死亡者数は1000人に満たない。これに対して、がんで命を落とす人は、年間約37万人。中には、根拠のない医学情報や高額なサプリメントを信じた結果、適切な治療を受けられずに亡くなった患者も存在しているはずだ。

たとえ、間違った治療を選択しても、大半の医師は強く引き留めない。患者の自己選択権を尊重するのが、現代医療の基本だからだ。

ニセ情報を見抜き、正しい治療を選択する責任は患者側にあることを、ぜひ自覚してほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT