小池都知事、したたか「再選戦略」のもやもや感

卒業証明書公開でも、晴れぬ学歴詐称疑惑

小池百合子都知事は告示直前の6月12日にようやく出馬表明した(写真:時事)

東京都知事選が国会閉幕直後の6月18日に告示される。投開票日の7月5日に向け、すでに立候補予定者の選挙活動がスタートしている。

再選を狙う小池百合子都知事は、告示直前の12日夕になってようやく出馬会見を開き、告示後も「オンライン選挙」と称して街頭には立たない方針を示した。

コロナ対策の節目で出馬表明

コロナショックが続く中、自民、立憲民主の2大政党がいずれも独自候補擁立を見送った異例の都知事選。15日にはれいわ新選組の山本太郎代表が出馬表明したものの、野党同士のあつれきが拡大するだけとみられている。政治的には「小池氏の信任投票」の構図となり、出馬表明のタイミングも含めて小池氏の再選戦略のしたたかさばかりが際立っている。

小池氏は12日の出馬会見で、「コロナ対応に一定のめどがついた」と強調。「東京大改革2.0」と書いた大きなフリップを掲げ、都政1期目の成果を自賛したあたりは「首都の女帝の自信」(自民都連)ともみえた。

直前に再燃した学歴詐称疑惑を全否定し、6月2日に発した東京アラートも11日に解除した。12日午前零時からほとんどの業種への自粛要請を解除する「ステップ3」に進めるなど、コロナ対策の節目に出馬表明するという用意周到さも際立った。

小池氏は当初、コロナ対策の補正予算が成立する都議会最終日の10日に出馬宣言する予定だった。しかし、学歴詐称疑惑で自民党などが「卒業証明書の開示」を求める決議案を提出する一方、東京アラートも点灯中だったことから先送りしたとみられている。

8日にカイロ大学が「小池氏の卒業は間違いない」などとする公式声明を出したことで自民党が決議案を取り下げ、都議会は一部会派の同案もあっさり否決して閉幕。「卒業証書をみせろ」とのヤジの中で退席する小池氏は無表情を装い、知事選出馬にも一切触れなかった。

次ページ12日夕の出馬会見で何を語ったのか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。