60兆円でも日本を再生できない安倍政権の弱点

経済再生は第2段階、必要な「トリアージ」とは

ここから先はおなじみ競馬コーナーだ。6週連続で続いた怒涛のG1シリーズも、7日の安田記念で一段落。夢のような名勝負をたくさん見させてもらったが、14日のエプソムカップ(G3、東京競馬場11R、距離1800メートル)は手抜きでいいかと言うとそうでもない。梅雨入り後の勝負もまた楽し。競馬とはせんじ詰めれば、季節感を楽しむ遊びなんじゃないかと思う。

それでは梅雨の東京競馬場でどの馬を狙うかと言えば、筆者の選択はピースワンパラディだ。このレースで勝率が高い4歳馬で、これまでの戦績が8戦4勝、上位3着以外がまったくなく、雨の日と不良馬場の府中で勝ちがある。3連複の軸とするにはもってこいであろう。後はレイエンダ、サトノアーサー、アイスストーム、シャドウディーヴァといった人気どころに流せばよい。

夏競馬はどうしても荒れがちになる。競馬は「1着を当てる」のが理想ではあるが、ここはなるべく信頼できる馬を軸として、金額は少なめにして、その分手広く買っておきたい。ゆえに流す相手は、重馬場に強そうなソーグリッタリング、久々の戸崎圭太騎手が騎乗するギベオンあたりまで。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT