「違和感だらけの人生」にキレないための新提案 物事に「一喜一憂しやすい人」に伝えたい

印刷
A
A

このような作品について「くだらない」と思う人も多いでしょう。ギャラリーを借りて招待状を出すだけ、紙に短文を書いて作曲と称するだけ、そんなの「芸術家」でなくても作れそうです。アイディア一発勝負です。芸術的才能や技能や霊感が必要とは思えません。

そこで最後に、「誰にでも作れる」わけではないポストモダンな作品を紹介しましょう。ミリオンセラーとなったライトノベルを原作とするアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』第2期(2009年)です。

角川書店などの製作委員会は、とんでもない企画を実行しました。シリーズの中の「エンドレスエイト」というエピソードを、8回連続で毎週放送したのです。毎回新作ではあるが、ほぼ同じ構図、同じセリフ、同じストーリー。この退屈な展開に視聴者は驚き、怒り、失望しました。

千篇一律のコンテンツ消費に溺れる人々を皮肉った企画とも解釈できるので、傷つきやすいファンたちは次々に視聴を脱落していきました。のみならず、ハルヒファンの多くがアンチに回ってしまったのです。

もちろん炎上し話題にはなりましたが、ハルヒシリーズのその後の展開に大きな影を落とし、ダメージのほうがはるかに大きい結果となってしまったのです。

人生は違和感の連続だ

「閉鎖されたギャラリー」「フルート独奏曲」「エンドレスエイト」──これらに共通する属性は、「鑑賞者の期待を裏切る」というものです。

とくに「エンドレスエイト」は、〈いわゆるアート〉とは関係ない快楽原則の萌えマーケットに禁欲的サプライズをあえて仕掛けた、前代未聞のトンデモ演出でした。裏切りによって「別のものの見方」を促すポストモダンアートは、アフターコロナ、ポストコロナの「新しい生活様式」のモデルを提供するはずです。

『東大の先生! 超わかりやすくビジネスに効くアートを教えてください!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

楽しむばかりがアニメの消費様式ではない。違和感に溺れて自分を見つめ直せ、それもアニメだ。美や快、創造性を愛でるだけがアートではなかった。わけのわからなさに身を委ね、「こういうこともあるのだ」と気を取り直し続けるプロセスもアートだ。

……まったく同じように、普通に毎日の生活を営むことが人生の「常識」とは限らなかった。理不尽なトレンドや政治的配慮や同調圧力の中で、生活のリズムを狂わされ、憤ったり苛立ったりすること自体が「人生の常識」だった。人生何があるか決めてかかることができないのは当然だった。その都度軌道修正していけばいい。

そんな感覚に目覚めるきっかけを「アート的生活様式」は与え、そして研ぎ澄ましてくれるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT