「スカイライン」に乗って感じた自動運転の進化

求められる人と車の「頼り、頼られる間柄」

具体的には、2021年11月以降に発売される新型の国産乗用車に関して基準を満たした性能を有する衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化されます。この義務化の時点で販売されている車(=継続生産車)は2025年12月以降に適応されます。また、同タイミングでの軽トラック(軽自動車のトラック)はさらに後ろ倒しで2027年9月以降に義務化が課せられます。

この義務化は国産車だけを対象にしたものではありません。正規販売される輸入車の新型車は2024年6月以降、同継続生産車には2026年6月以降、それぞれ国内基準が適応されます。

衝突軽減ブレーキに対する誤解

これら衝突被害軽減ブレーキやACC、LKSは「先進安全技術」、「運転支援技術」とも呼ばれ、英文ではADAS(Advanced Driver Assistance System)とも標記されます。ADASは普及率の高まりとともに、危険から遠ざかる運転環境を多くのドライバーに提供し続けます。しかし、過信は禁物です。なかでも衝突被害軽減ブレーキに対する誤解はいまだに多く、装着していればすべての事故が避けられるかのような誤った認識も一部に見られます。

確かに衝突被害軽減ブレーキは有効です。しかしそれは、衝突の可能性が極めて高い場合に介入する自動的なブレーキ制御によるもので、センサーの認識性能や路面状況にも左右されるため、システムによる減速には限界があります。

したがって、ドライバーはブレーキ制御が介入する前に発せられる警報ブザーやディスプレイ表示に従ってブレーキを踏む、ステアリングで回避することが求められるのです。

そうしたなか、自動走行技術への注目も日々高まっています。いわゆる自動運転と呼ばれる当分野の礎は、右肩上がりの普及率を示すADASです。実際、世界中の自動車メーカー/サプライヤー企業の技術者は、「両システムで使用しているセンサーやアルゴリズムの多くは共有され、すでにシンクロ率は非常に高く、さらに今後は5G通信など次世代型のコネクティッド技術とも融合していく」と口をそろえます。

次ページ量産車へのレベル3の実装が可能に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT