「食費月2万円」で幸せを築いている夫婦の秘訣

外食産業勤務の夫は1カ月休業になったが…

コロナ禍でいつも以上に幸せな時間が増えたというご夫婦の「幸せの秘訣」を紹介します(写真:Yagi-Studio/iStock)

「コロナ禍で夫が1カ月休業になってしまいました。私の仕事も不安定で生活不安はあるのですが、夫がお休みのお陰で家庭的にはすごく助かっているというか、いつも以上に幸せな時間が増えた感じがしているんです」

ふんわりとした口調でそう話すのは、恵子さん(仮名、29歳)です。

ここ2カ月ほど、コロナ離婚やコロナうつの悩み相談が多かった私にとって、“コロナが幸せに結びつく”というのはとても新鮮に感じたひとことでした。

お悩みを抱え気持ちがふさぎ込んでいる世間のご夫婦に、こんな時こそ改めて「幸せってなんだろう」「幸せな関係ってなんだろう」ということを感じていただきたく、恵子さんご夫婦の「幸せの秘訣」をご紹介したいと思います。

出会いはSNS、初対面の瞬間に交際の申し込み

恵子さんのご主人は1つ年下の28歳外食産業勤務のサラリーマン。普段はハードワークで夜遅くに帰宅するため、家族そろって過ごせる時間は、起床する朝8時ころからご主人が出勤する12時までの4時間ほどだそうです。

この限られた時間で夫婦の会話、2歳になる1人娘との時間を過ごした後ご主人は仕事へ出掛け、恵子さんは娘さんのお世話をしながら、自身のお仕事であるイラストレーターの作業に取り掛かるのという毎日だと言います。

恵子さん夫婦は現在結婚3年目で、そもそもの出会いはSNSでした。

5年前、恵子さんはSNSでたまたま見つけた美しい桜の写真へ思わずにコメント。その桜の写真を投稿していたのが今のご主人でした。

そこからコメント交流が始まり、毎日電話をするようになったと言います。ご主人から「東京へ遊びに来てくれたら案内しますよ」という誘いもあり、桜コメントから2週間後に恵子さんはふるさとの三重県から東京へ遊びに来てすぐに交際がスタート。毎日の電話で心の距離は縮まっていましたので、恵子さんが東京に到着しお互い会った瞬間、彼から交際の申し込み。恵子さんは人生初めての東京で彼氏をゲットしたのでした。

次ページ「減らせるのは食費だ!」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。