53歳マイク・タイソン氏のパンチ動画が話題に

トレーニング風景をSNS公開、感嘆の声上がる

 ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏がトレーニング風景をSNSに公開し、53歳とは思えないスピードとパワーのミット打ちを見せ、関係者やファンから感嘆の声が上がった。ラスベガスで2020年2月撮影(2020年 ロイター/Steve Marcus)

[5日 ロイター] - ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)が、チャリティーマッチを検討しているなかでのトレーニング風景をSNSに公開し、53歳とは思えないスピードとパワーのミット打ちを見せ、関係者やファンから感嘆の声が上がった。

タイソン氏はインスタグラムのライブ配信で「ジムに行き、いくつかの慈善団体などのために3、4ラウンドのエキシビションを開催できるようコンディションを整えたい」と語っている。

タイソン氏が投稿したミッチ打ちの動画は、インスタグラムで960万回以上再生されるなど注目されている。

パンチを受けたトレーナーはESPNで「彼は10年近くミット打ちをしていなかった。だから、あれほどとは想像していなかった。21、22歳の男と同じようなスピード、パワーを感じた」とコメント。

また、動画を見た総合格闘大会UFCライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフも「信じられない。これは別次元だ」とSNS上で驚きの声を上げた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT