米欧の経済正常化は秋以降、市場で見方強まる

ドイツ銀「トランプ再選の確率も58%に低下」

ドイツ銀行が20日公表した投資家向け調査によると、一部の国では新型コロナウイルスを受けた行動制限措置の段階的解除が始まっているものの、市場では欧州や米国の経済活動が夏前に正常に戻る可能性が低いとみられている。パリで16日撮影(2020年 ロイター/CHARLES PLATIAU)

[ロンドン 20日 ロイター] - ドイツ銀行が20日公表した投資家向け調査によると、一部の国では新型コロナウイルスを受けた行動制限措置の段階的解除が始まっているものの、市場では欧州や米国の経済活動が夏前に正常に戻る可能性が低いとみられている。

株式市場は3月の急落から持ち直しているが、調査対象の投資家の60%は先進国が9月までに正常な状態に戻ることはないと回答。3月初旬の調査では夏にかけて正常に戻るとの見方が多く、それ以外の回答はわずか12%だった。

今月15─17日に実施された同調査では、トランプ米大統領が11月の大統領選で再選されるとみる投資家も減少。再選されるという回答は2月の95%から58%に低下した。

ドイツ銀のストラテジストは「(バイデン前副大統領という)穏健な民主党候補、新型コロナ危機へのトランプ氏の対応で、再選の見込みが最低に落ち込んだ」と指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT