サラリーマンのためのお金サバイバル術 岡本吏郎著

サラリーマンのためのお金サバイバル術 岡本吏郎著

経営コンサルタントである著者が説く、おカネを貯めるコツはいたってシンプル。「収入よりも少ない支出で生活すればいい」である。

ところが、資本主義が巧みに張り巡らせる罠は、手を替え品を替え私たちに消費を促す。“人並み”の生活を求めることだけで、すでに大変贅沢だと著者は主張する。

この罠からまずは脱出すること。そして、おカネはある程度の金額を超えるまでは、いくらあっても足りないものと知るべし。どうせ足りないなら、さっさと貯金してしまえ。年収の三割は貯金に回すべきだとする。そのうえで、住宅購入や生命保険、老後資金、資産運用などから、本当に必要なものは何なのかを探るべし、と説く。

朝日新書 777円

  

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。