サラリーマンのためのお金サバイバル術 岡本吏郎著

サラリーマンのためのお金サバイバル術 岡本吏郎著

経営コンサルタントである著者が説く、おカネを貯めるコツはいたってシンプル。「収入よりも少ない支出で生活すればいい」である。

ところが、資本主義が巧みに張り巡らせる罠は、手を替え品を替え私たちに消費を促す。“人並み”の生活を求めることだけで、すでに大変贅沢だと著者は主張する。

この罠からまずは脱出すること。そして、おカネはある程度の金額を超えるまでは、いくらあっても足りないものと知るべし。どうせ足りないなら、さっさと貯金してしまえ。年収の三割は貯金に回すべきだとする。そのうえで、住宅購入や生命保険、老後資金、資産運用などから、本当に必要なものは何なのかを探るべし、と説く。

朝日新書 777円

  

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT