アパホテル社長「コロナ時代を生き抜くために」

患者受け入れを決めた女性経営者の処世術

アパホテル社長・元谷芙美子さんに、今の不安定な時代を生き抜くヒントをお聞きしました(写真:Womantype編集部)

最近、日本全体が暗いムードに包まれている。

新型コロナウイルス感染拡大のニュースがつねに目に入ってくるし、“いつもどおりの日常”が送れないことにストレスを抱えている人も多いかもしれない。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

これから先も、自分に仕事はあるのだろうか。世界はどうなってしまうのだろうか……。先行き見えない未来のことを考えると、どうしても不安になってしまう。

でも、この人は今日も元気だ。アパホテル社長・元谷芙美子さん

誰よりも大きな声で「おはようございます」とあいさつし、颯爽と職場に現われる元谷社長。溌剌とした笑顔に、不安そうな様子は一切ない。

実際のところ、観光・ホテル業界に属する多くの企業が今回の“新型コロナショック”で大きな痛手を負っている。

アパグループも例外ではないはずだが、元谷社長は「ピンチのときにこそ、チャンスがあるものよ」とにっこり微笑む。

なぜ、こんなにも前向きでいられるのだろうか。日本最強のポジティブウーマンに、不安定な時代を生き抜くためのヒントを聞いた。

ピンチはいつだって、チャンスに変わる

新型コロナウイルス感染拡大の件で、今世の中はすっかり暗いムードよね。みんなピリピリしているし、これから先のことが見えなくて不安になっている人もいる。

実際、海外からのお客さまが減っていく中で、日本のホテル業界は大きな打撃を受けています。でも、私はこのピンチさえも、長い目で見ればチャンスに変わると信じている。

海外からいらっしゃるお客さまが減っていく中で、アパホテルの経営にも苦しい面があるのは事実です。

しかし、当社はどこか1つの国や地域のお客さまに頼り切るような経営はもともとしていませんでした。なので、今回のことも致命傷にはなっていません。

次ページ中国から猛烈に非難されたことも
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。