パナソニックがタイ本格進出に力を入れる事情

現地に合わせ、近未来生活スタイルを提案

パナソニックがタイで実施した展示会では、現地に合わせたシステムキッチンやユニットバスが提案されていた(記者撮影)

パナソニックグループで主に住宅関連事業を展開しているパナソニックライフソリューションズが、アジアを中心に海外事業を強化している。2月上旬、タイ・バンコクで単独の展示会を実施した。

同社にとって東南アジアでの単独展示会は今回が初めて。なぜ今、パナソニックは東南アジアの住宅事業に打って出るのか。

日本のノウハウ生かし東南アジアを攻略

「東南アジアの5カ国(タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マレーシア)は今後も人口増加が続き、住宅の建築ラッシュも続く。その一方で、2020年以降は高齢化が進み、建設従事者が不足するとみられている。その社会的課題に対して、当社は日本で培った技術で貢献できる」とライフソリューションズ社の伊東大三・上席副社長は説明する。

現在でも若い労働力は中国など給料の高い国に出稼ぎに出てしまい、東南アジア各国の労働者不足は深刻化している。東南アジアの住宅建築、特に内装工事はいまだに職人による手作業が中心で、若い労働力が流出したことで後継者が不足するという事態にも陥っている。手作業は工期が長くなり、職人によって技術のバラツキがあることも悩みの種だ。

パナソニックはコンセントや壁スイッチなどの電材事業で早くから東南アジアに進出し、各国で高いシェアを誇っている。しかし近年、東南アジア各国でも労働力不足や高齢化などの課題が深刻になってきたことから、日本で培ってきたノウハウが生かせると判断、本格的に打って出る。

既にヨーロッパや台湾、中国ではショールームを開設し、現地の住宅建築業者や不動産開発事業者などとパートナーシップ契約を結び、マンション内装工事などを手掛けている。また、ヨーロッパでは真空断熱二重ガラスを店舗ショーウインドーや業務用大型冷蔵庫向けに納入、台湾ではシステムキッチンやユニットバスの施工などを手掛けている。

次ページタイではシステムキッチンを本格販売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT