パナソニックがタイ本格進出に力を入れる事情

現地に合わせ、近未来生活スタイルを提案

パナソニックがタイで実施した展示会では、現地に合わせたシステムキッチンやユニットバスが提案されていた(記者撮影)

パナソニックグループで主に住宅関連事業を展開しているパナソニックライフソリューションズが、アジアを中心に海外事業を強化している。2月上旬、タイ・バンコクで単独の展示会を実施した。

同社にとって東南アジアでの単独展示会は今回が初めて。なぜ今、パナソニックは東南アジアの住宅事業に打って出るのか。

日本のノウハウ生かし東南アジアを攻略

「東南アジアの5カ国(タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マレーシア)は今後も人口増加が続き、住宅の建築ラッシュも続く。その一方で、2020年以降は高齢化が進み、建設従事者が不足するとみられている。その社会的課題に対して、当社は日本で培った技術で貢献できる」とライフソリューションズ社の伊東大三・上席副社長は説明する。

現在でも若い労働力は中国など給料の高い国に出稼ぎに出てしまい、東南アジア各国の労働者不足は深刻化している。東南アジアの住宅建築、特に内装工事はいまだに職人による手作業が中心で、若い労働力が流出したことで後継者が不足するという事態にも陥っている。手作業は工期が長くなり、職人によって技術のバラツキがあることも悩みの種だ。

パナソニックはコンセントや壁スイッチなどの電材事業で早くから東南アジアに進出し、各国で高いシェアを誇っている。しかし近年、東南アジア各国でも労働力不足や高齢化などの課題が深刻になってきたことから、日本で培ってきたノウハウが生かせると判断、本格的に打って出る。

既にヨーロッパや台湾、中国ではショールームを開設し、現地の住宅建築業者や不動産開発事業者などとパートナーシップ契約を結び、マンション内装工事などを手掛けている。また、ヨーロッパでは真空断熱二重ガラスを店舗ショーウインドーや業務用大型冷蔵庫向けに納入、台湾ではシステムキッチンやユニットバスの施工などを手掛けている。

次ページタイではシステムキッチンを本格販売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT