パナソニックがタイ本格進出に力を入れる事情

現地に合わせ、近未来生活スタイルを提案

パナソニックがタイで実施した展示会では、現地に合わせたシステムキッチンやユニットバスが提案されていた(記者撮影)

パナソニックグループで主に住宅関連事業を展開しているパナソニックライフソリューションズが、アジアを中心に海外事業を強化している。2月上旬、タイ・バンコクで単独の展示会を実施した。

同社にとって東南アジアでの単独展示会は今回が初めて。なぜ今、パナソニックは東南アジアの住宅事業に打って出るのか。

日本のノウハウ生かし東南アジアを攻略

「東南アジアの5カ国(タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マレーシア)は今後も人口増加が続き、住宅の建築ラッシュも続く。その一方で、2020年以降は高齢化が進み、建設従事者が不足するとみられている。その社会的課題に対して、当社は日本で培った技術で貢献できる」とライフソリューションズ社の伊東大三・上席副社長は説明する。

現在でも若い労働力は中国など給料の高い国に出稼ぎに出てしまい、東南アジア各国の労働者不足は深刻化している。東南アジアの住宅建築、特に内装工事はいまだに職人による手作業が中心で、若い労働力が流出したことで後継者が不足するという事態にも陥っている。手作業は工期が長くなり、職人によって技術のバラツキがあることも悩みの種だ。

パナソニックはコンセントや壁スイッチなどの電材事業で早くから東南アジアに進出し、各国で高いシェアを誇っている。しかし近年、東南アジア各国でも労働力不足や高齢化などの課題が深刻になってきたことから、日本で培ってきたノウハウが生かせると判断、本格的に打って出る。

既にヨーロッパや台湾、中国ではショールームを開設し、現地の住宅建築業者や不動産開発事業者などとパートナーシップ契約を結び、マンション内装工事などを手掛けている。また、ヨーロッパでは真空断熱二重ガラスを店舗ショーウインドーや業務用大型冷蔵庫向けに納入、台湾ではシステムキッチンやユニットバスの施工などを手掛けている。

次ページタイではシステムキッチンを本格販売
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。