米百貨店ニーマン・マーカス、破産法申請協議か

負債43億ドル、事業継続のつなぎ融資交渉も

 3月24日、米ブルームバーグ通信が関係者の話として23日に伝えたところによると、米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループは43億ドルの負債負担を抱えるなか、破産法の適用申請について債権者と協議している。写真はアメリカのペンシルバニアで2018年12月撮影(2020年 ロイター/MARK MAKELA)

[23日 ロイター] - 米ブルームバーグ通信が関係者の話として23日に伝えたところによると、米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループは43億ドルの負債負担を抱えるなか、破産法の適用申請について債権者と協議している。

関係者によると、経営再建計画を進める間に事業を継続するためのつなぎ融資について、債権者との間で初期の交渉を行っている。

同社からのコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT