米百貨店ニーマン・マーカス、破産法申請協議か

負債43億ドル、事業継続のつなぎ融資交渉も

 3月24日、米ブルームバーグ通信が関係者の話として23日に伝えたところによると、米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループは43億ドルの負債負担を抱えるなか、破産法の適用申請について債権者と協議している。写真はアメリカのペンシルバニアで2018年12月撮影(2020年 ロイター/MARK MAKELA)

[23日 ロイター] - 米ブルームバーグ通信が関係者の話として23日に伝えたところによると、米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループは43億ドルの負債負担を抱えるなか、破産法の適用申請について債権者と協議している。

関係者によると、経営再建計画を進める間に事業を継続するためのつなぎ融資について、債権者との間で初期の交渉を行っている。

同社からのコメントは得られていない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。