日本の自動車メーカーの先行きは安定軌道へ《ムーディーズの業界分析》


収益の回復と格付けへの影響

日本の自動車メーカーの2008年第4四半期にあたる2009年1~3月に、ムーディーズはトヨタ、ホンダ、日産の大手3社を格下げした。これは、事業環境と収益の急激な悪化を反映したものである。収益は現状安定しつつあるが、現在の格付け水準を維持するためには、営業利益を5%前後まで改善させ、維持する必要がある。そのためには、一段の積極的なコスト削減と、これまで以上に顕著な販売台数の回復が必要となるだろう。

新車需要が引き続き重要な格付け要因となるが、日本の自動車メーカーの格付けを左右する主な要因は、低下した需要水準に併せてコストベースを迅速に調整し、環境に配慮した低燃費車へのシフトという長期的トレンドと新興市場での成長機会を取り逃すことなく、景気回復期を通してキャッシュフローを維持する能力である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT