日本の自動車メーカーの先行きは安定軌道へ《ムーディーズの業界分析》

拡大
縮小


収益の回復と格付けへの影響

日本の自動車メーカーの2008年第4四半期にあたる2009年1~3月に、ムーディーズはトヨタ、ホンダ、日産の大手3社を格下げした。これは、事業環境と収益の急激な悪化を反映したものである。収益は現状安定しつつあるが、現在の格付け水準を維持するためには、営業利益を5%前後まで改善させ、維持する必要がある。そのためには、一段の積極的なコスト削減と、これまで以上に顕著な販売台数の回復が必要となるだろう。

新車需要が引き続き重要な格付け要因となるが、日本の自動車メーカーの格付けを左右する主な要因は、低下した需要水準に併せてコストベースを迅速に調整し、環境に配慮した低燃費車へのシフトという長期的トレンドと新興市場での成長機会を取り逃すことなく、景気回復期を通してキャッシュフローを維持する能力である。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT