戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか 菊澤研宗著

戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか 菊澤研宗著

本書は、孫子、クラウゼヴィッツ、ロンメル、ナポレオンなどの軍事戦略を経営戦略へ応用することによって、企業が生き残る道を探ろうとする試みである。

経営学者である著者は、戦後、日本企業はアメリカから最先端技術や最新知識を輸入しながら、安価でコンパクトな製品を大量生産できたため、経営戦略はほぼ不要だったとする。しかし、そうした日本企業の優位性は、すでに他のアジア諸国に奪われてしまった。

現代の企業間における競争は戦争状態と非常に似た様相を呈しており、グローバル化の進展は世界大戦の攻防と同じだという。こうしたことから、企業人も軍事戦略から積極的に学ぶことを提案する。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。