本数は多いのに「実は不便」な通勤路線の特徴

等間隔でも「使える列車」にはばらつきが

使いやすい路線のダイヤはどんなポイントがあるだろうか(写真:Graphs/PIXTA)

近年のダイヤ改正は、これまでばらつきがあった列車の運転間隔を一定にそろえて「均等化」を目指すものが増えてきている。日中の運転間隔を改善するケースが多いが、近年は朝ラッシュ、そして夕ラッシュの運転パターンにもメスが入るようになってきた。等間隔であれば、時刻表を気にせず利用できる。

しかしちょっと見落としていないだろうか。単純に運転間隔を均一にしても、実際には後から来る列車に追い越されるなど、目的地に先着する列車が等間隔で走っているとは限らない。実質的に「使える列車」=有効列車だけで時刻表を作ると、運転間隔に偏りがあるケースも多い。

今回は日中のダイヤで何路線かを比較し、利用しやすい路線の条件を考えてみたい。

実は「使える」本数は多くない

東京メトロ東西線を例に説明しよう。東西線で西船橋から都心方面へ行く場合、各駅停車は7~8分おき、快速は15分おきと一見、きれいにパターン化されたダイヤのように見え、本数も多い。

【平日12時台・東西線西船橋駅発中野方面行き時刻】
<快速>09 24 39 54(15分間隔)
<各停>02 10 17 25 32 40 47 55(7~8分間隔)

しかし、各駅停車の多くは途中で快速に追い抜かれる。快速運転区間が終わる東陽町から先、大手町などの都心部へ最速で行くのに使える列車は、快速か、または途中で追い抜かれない各駅停車だ。

【東陽町以遠に先着する列車】
09(快)10 24(快)25 39(快)40 54(快)55

これらの列車だけを抽出すると、間隔は1~14分おきになる。快速とその直後に出る各駅停車のみなので、本数は8本あるものの、感覚的には15分おき4本とあまり変わらない。一見して本数は多く間隔もそろっているように見えるものの、実際に都心部まで最速で行こうと思うと本数は限られ、間隔もばらつきがある。

次ページ京成線も同じパターンが
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT