ウェアラブルで、人のグーグル化が進む?

グーグルがアンドロイド向けOSを発表へ

Android Wearの役割について簡単にまとめると次の通りだ。

・ユーザーにとってそのときに必要な情報を提供する

・音声認識で、質問するとそれに対する答えを表示する

・運動や健康関連のトラッキングが可能

・スマートフォンなどの他のデバイスを操作できる

今までスマートフォンで見ていた情報を、端末を腕に装着された状態でスマートフォンを取り出さずに確認することができるようになる。

スマートフォンはよりまとまったコンテンツや情報を閲覧することができるが、手に取ってからアプリを開いて情報を見て、と一度端末を使い始めてからの時間が長い。それに対しスマートウォッチは、情報とデバイスを使う時間をより細かくし、視線や動作の面で、今行っていることを止めずに情報に触れることができるようになる。

グーグルグラスをヒントに

アンドロイドは世界のスマートフォン市場の8割を超えるシェアを確保する巨大なエコシステムを構築した。グーグルはこの経験を生かし、今後市場として有望なウェアラブルデバイスの市場でも、アンドロイドのエコシステムによってグーグルの影響力を高めていこうという戦略だ。

今回Android Wearのプロトタイプとして腕時計型デバイスが登場したが、これまでグーグルはアンドロイドをベースにしたウェアラブルデバイスとして「グーグルグラス」を開発してきた。メガネ型のデバイスで、2013年から米国に住む開発者や一部のユーザーに対して1500ドルでの販売を行っている。

グーグルグラスは、スマートフォンのようにフルHD 5インチサイズのディスプレイや、全面タッチパネルのインターフェイスを備えるようなデバイスではなく、メガネ型で640×360ピクセルの解像度、25インチほどのサイズの画面が1.5m向こうに見えるプロジェクショングラスのスタイルだ。操作は音声認識と、右側にある上下左右にスライドさせるタッチパッドのみを利用する。

グーグルグラスでは通常のアンドロイドアプリをインストールすることはできず、「Glassware」と呼ばれる専用のアプリケーションを利用する。単体で動作するアプリから、ウェブサービスと連携するものなど、アプリの内容はアンドロイドアプリと同様だが、操作方法が音声やタッチパッドを前提にし、またグーグルグラスの表示に合わせた機能に特化することが優先されている。

次ページ3つのデザインパターン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT