新型コロナのデマに踊る人々に映る深刻な錯乱

「最悪の事態に備えた行動」とは似て非なる

そのほかソーシャルメディア上では、紅茶や緑茶、ニンニク、唐辛子、生理食塩水による鼻孔の洗浄、うがい薬、さらには納豆がウイルスの予防に効果があるといった真偽不明の情報が続々と現れている。海外でも、ワインビネガーや大麻、漢方薬、ごま油を鼻孔に塗る、ステロイド、酢酸等々と枚挙に暇がない。漂白剤と同様の成分の摂取を勧めるものもあり、仮にこのような予防法を実践したら健康を損なうだろう。

上記のようなデマが一定程度の影響力を持つことになれば、かえってまともな予防法の励行がおろそかになり、結果的に感染リスクが高まる事態を招く。そのうえ、ソーシャルメディアなどで不安や恐怖をあおる情報を浴び続けることで、心身へのストレスや不眠症状などが生じて免疫力も低下するだろう。

④ 生物兵器説などの陰謀論

これは、新型コロナウイルスは人が作った「生物兵器」だとの陰謀論仕立てのデマだ。
すでに財新編集部が専門家の見解「新型コロナウイルス『生物兵器論』は本当なのか」(2020年2月12日配信)を東洋経済オンラインに寄稿しているが、説としては特段目新しいものではない。

2002~2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)は、「アジア人を狙い撃ちするために作成された人工ウイルスである」とのデマを、2010年代に入ってからもさまざまなところで人づてに聞いた覚えがある。

2015年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)でも同じ噂を耳にした。また、インフルエンザウイルスについても「人為的に新型と大流行が作り出され、ワクチンメーカーとその投資家が利益を得る仕組みになっている」という説もある。

兵器だとしたら致死率が低すぎる

今回の新型コロナウイルスでは、中国軍が開発した生物兵器が漏洩した説、アメリカCIA(中央情報局)や米軍が開発した生物兵器を中国にばらまいた説などが出回っている。だが、前出の記事では専門家は「ゲノム編集(遺伝子編集)」の痕跡は観察されていないと明言した。

他媒体となるがビジネスインサイダー(BUSINESS INSIDER)で軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、ゲノム編集の痕跡などが発見されていないことに触れたうえで、「生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない」と結論付けた(「新型ウイルス『中国が秘密開発した生物兵器』トンデモ説が駆けめぐった一部始終」2020年1月31日配信)。

そもそも致死率の低いコロナウイルスは「現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる」とも述べている。

今後、誤情報やデマによってもたらされる最悪の事態は、やはり何らかの形での人権侵害であり、暴力の扇動だろう。

次ページ人はパニックになるとあまりに暴力的になる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。