JR東、新幹線「eチケット」で使い勝手よくなるか

モバイルSuica特急券に代わり3月スタート

3月から、東北・北海道・上越・秋田・山形・北陸新幹線も交通系ICカードによるチケットレスサービスが始まる(写真:tkc-taka/PIXTA)

「モバイルSuica特急券」から「新幹線eチケットサービス」へ。東京駅から北へ向かう新幹線のチケットレスサービスが、3月14日から大きく変わる。

新幹線eチケットサービスを導入するのは、JR東日本・JR北海道・JR西日本の各社。予約サイトの「えきねっと」(JR東日本・JR北海道)または「e5489」(JR西日本)に登録した手持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、秋田、山形、北陸新幹線に乗車できるサービスだ。

予約サイトのアカウントにICカードの情報を登録したうえで予約すれば、紙の切符に交換することなく、自動改札機にICカードをタッチするだけで乗車できる。東海道・山陽新幹線で導入されている「スマートEX」のようなサービスといえる。

紙の切符より楽で安い

新幹線eチケットサービスは、運賃と特急料金が一体となった新幹線専用の商品である。大きなメリットは、切符の受け取りなどの手間がないだけでなく、紙の切符よりも価格が安くなることだ。

例えば、東京―仙台間の通常期普通車指定席が紙の切符で1万1410円のところ、新幹線eチケットでは1万1210円。東京―新函館北斗間は2万3430円が2万3230円となる。紙の切符で乗車券と指定席特急券を買う場合より200円安くなるわけだ。

また、早期予約で安くなる「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」もeチケットに対応するという。紙の切符と同様に、特急料金の閑散期・繁忙期料金(基本的に閑散期は200円引き、繁忙期は200円増し)は適用される。予約は最大6人まで可能だ。

次ページ新幹線以外に乗り継ぐ場合はデメリットも
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT