美人局で脅迫されたら警察は動いてくれるのか

会社や家族に知られたらと恐れる必要はない

後ろめたさから「警察に駆け込まないだろう」と踏んで脅すケースがあります(写真:mits/PIXTA)

「困ったことになっています」

相談者のプライバシーに配慮して詳しい時期は言えないが、ある大手企業役員のTさん(50代)が、青ざめた顔で私に相談してきたことがあった。

話はその数カ月前にさかのぼる。Tさんはたびたび出張していた地方都市で30代前半のKさんという女性と知り合い、親しくなった。出張に行くたび、食事に行ったり、飲みに行ったり、夜も共にしたりする関係が続いた。Tさんは既婚者のため不倫ということになるが、Kさんに対する思いは、紛れもなく「恋愛感情」。彼女も同様に思ってくれていると感じていたそうだ。

「払わなければ会社にばらすぞ」

ところが、突然、見知らぬ男から、「オレの女を弄んだな」と激怒する声で電話がかかってきた。男は「200万円で許してやる。払わなければ会社にばらすぞ」とたたみかけてきたという。

Tさんはにわかに信じられず、Kさんに電話したが、「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」とテープが流れるばかり。「騙された」と、うなだれた。会社にバレれば、出世が絶たれてしまうかもしれないし、妻に知られるとただごとでは済まない。しかし、200万円を払っても、それで終わりになる保証もないとTさんは頭を抱え、わらにもすがる思いで、民間警察として、日常のあらゆるトラブルに対応している私のもとを訪れた。

私は2時間ほど彼の話を聞いた。これは明らかに因縁をつけて金品を脅し取る古典的な暴力団の手法であり、恐喝罪である。それも200万~300万円という、「頑張ったら払える額」を脅し取ろうとする常套の手口だということがわかった。いわゆる「美人局(つつもたせ)」だ。

「これは恐喝事件です。あなたは被害者だと認識してください。絶対にお金を支払わないでください。警察署の刑事課に行って、被害届を出してください」。私はTさんにきっぱり申し上げた。

Tさんは、「不倫をした自分にも非があります。警察から会社や妻に連絡は行かないのでしょうか?」と不安がったが、28年間埼玉県警に勤めた私の経験からすると、その心配はまず皆無だとお伝えした。誰が誰と交際しようが、警察にとっては民事事案であり、知ったことではないのだ。

それに、社会的に許されない行為であることは間違いないが、「不倫」を直接罰する条文はない。逆に、明らかに事件性があれば、警察は捜査し、恐喝の事実関係を明らかにして、容疑が固まり次第直ちに逮捕状を取って動くことが普通だ。

次ページ恐喝事件で警察に駆け込む際のポイントとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。