新型肺炎の感染源「華南海鮮市場」以外に複数か

現地取材でわかったコロナウイルスの新事実

感染源と疑われている武漢の海鮮市場(写真:AP/アフロ)
新型肺炎は中国社会を大混乱に陥れた。政府の情報公開が後手に回り、ネットではフェイクニュースも飛び交う。その中で信頼を集めるのが、世界的な高評価を受ける「財新メディア」だ。創立者の胡 舒立(Hu Shuli)氏は、 2003年に SARS (重症急性呼吸器症候群)に関する中国当局の情報隠蔽をスクープした。
今回も財新の取材班は武漢から現地リポートを連発している。東洋経済オンラインでは今後タイムリーに、財新の注目記事を掲載していく。第1弾は1月27日に掲載され、海外のメディアでも広く引用された特報だ。

ウイルスの由来は野生動物の可能性が高いが……

新型コロナウイルスによる肺炎の感染源に関して、武漢の現場で働く医師が思わぬ疑義を突き付けた。

イギリスの医学専門誌ランセットは1月24日、(新型肺炎の発生直後から治療に当たった)武漢市の金銀潭病院に収容された患者41人の病状を分析した論文を掲載。そのなかの図表から、最初期の感染者4人のうち3人が新型ウイルスの感染源とされている「華南海鮮市場」に出入りしていなかったことがわかった。

本記事は『財新』の提供記事です

新型肺炎発生の公表から1カ月近くが過ぎて明らかになった分析結果は、未知の感染症の流行を阻止する早期対策のあり方に疑問を投げかけている。

「現在の総合的な発症状況から見て、(新型コロナウイルスの)感染源は華南海鮮市場だけではなく、複数ある」

論文の筆頭著者である金銀潭病院の黄朝林副院長は、財新記者の取材に対してそう証言した。ただし黄医師は、ウイルスの由来は野生動物である可能性が高いとの見方には同意している。

また、論文の責任著者であり中日友好病院で呼吸器の重症疾患を研究する曹彬主任医師は、アメリカの科学専門誌サイエンスの取材に「華南海鮮市場が唯一の感染源でないことは今や明白だ。しかしウイルスが実際にはどこから来たのか、正直に言ってまだわからない」と語った。

黄医師らの論文によれば、金銀潭病院に入院した最初の新型コロナウイルス感染者が発症したのは2019年12月1日。しかしこの患者は華南海鮮市場に出入りしたことがなく、家族にも発熱や呼吸器の症状は現れなかった。

その後12月10日までに3人が発症し、うち2人は華南海鮮市場との接点がなかった。金銀潭病院で治療を受けた最初の41人のうち、華南海鮮市場に出入りしていたのは27人だけだった。

次ページ短期間のうちに数十人が同時発症した意味
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。