論語を古いと思う人は本質が全然わかってない

孔子が直接ことばを書いて残していない理由

その間に、すっかり孔子先生と仲良くなってしまったので、ぼくは、孔子先生のことを、親しみをこめて「センセイ」と呼ぶようになりました。

最初は気難しかったセンセイも、だんだん心を開いてくれるようになって、そして、いつしか、ぼくの相談に乗ってくれるようになりました。はるか時を超えて、です。

1つだけ例をあげてみますね。

こんな短い一節があります。

「子曰く、君に事(つか)うるに礼を尽せば、人は以て諂(へつら)いとなすなり」

ぼくがいちばん頼りにしていた宮崎市定さんの『論語』では、こんなふうに訳されています。というか、これだけ。後は何もなし。

「子曰く、君主の前へ出て礼儀どおりにすると、今の人はそれを卑屈にすぎると言う」

うん。そうなんだろうな。まちがってはいない。でも、なんだか、物足りない。そんな気がするんです。

ほんとうに伝えたかったメッセージは?

だから、ぼくはセンセイの顔をじっと眺め、要するに、この『論語』全体でセンセイがなにを言おうとしているのかをずっと考えたのです。この、短いことばの中で、センセイがほんとうに伝えたかったメッセージはなんだろうって。

そして、ぼくが書き留めたセンセイのことばは、こうなったのでした。

『一億三千万人のための『論語』教室』(河出書房新社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「君主の前で、礼儀通り、きちんと挨拶(あいさつ)をすると、いまの人は、そういうのって『卑屈』じゃないか、っていいますね。そういう考え方もあるでしょう。『権威』の前に頭を下げるなんてダメだ、という人も多いですね。

わたしは、逆に、その考え方こそ、単に形式を重んじていると思うんです。あなたが、誰かに会うとするでしょう。その人がどんな人物なのかわからない。だったら、その人がどんな考え方で、どんなすごい人なのかわかるまで、きちんと応対しないんですか? そもそも、ある人の『中身』がどうなのか、どうすればわかるんです? いや、『中身』がないから、尊敬しなくていい、っていうんですか?

『礼』の本質は、形式にあるのではありません。その人がそこにいる、そのことだけで、リスペクトできる、と考えるのです。わかりますか? それは、そこにいるその相手への、深い気配りであり、思いやりでもあるのです。

そして、そのことによって、その相手も、尊敬されるべき存在へとなってゆく。そういうダイナミックな思考こそ、『礼』なんです。知らない人だから尊敬しなくていい、それでお終(しま)い、という考え方と、どちらが素敵か、ちょっと考えればわかるんじゃないですか」

センセイがいま、突然、ぼくたちの前に現れ、世界でなにが起こっているかを知ったら、きっとこう言ったと思います。

「やれやれ、わたしが生きていた頃とほとんど変わってないんだねえ」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT