2月米雇用統計、雇用者数17.5万人増に

市場予想上回り、米国経済の減速懸念和らぐ

3月7日、2月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比17万5000人増となり、市場予想を上回る伸びとなった。写真はワシントンの就職フェア会場で1月撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 7日 ロイター] -米労働省が7日発表した2月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比17万5000人増となり、14万9000人増を見込んでいた市場予想を上回る伸びとなった。また雇用者数の伸びは、12月の12万9000人増から加速した。

米経済が急減速するとの懸念が和らぐとともに、米連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小継続を後押しする可能性がある。

一方、失業率は5年ぶりの低水準だった前月の6.6%から6.7%に上昇した。市場予想は横ばいの6.6%だった。

調査期間には全米の多くの地域が異例の寒波に見舞われ、経済活動に支障が出た。

2月の週平均労働時間は2011年1月以来の低水準となった。

失業率算出の基となる家計調査でも、職に就きながら天候要因で自宅待機を余儀なくされた人の数が約60万1000人に上った。これは2月としては2010年以来の高水準。

また家計調査では、失業者数が増加し、失業率の押し上げ要因となった。労働参加率は63%で、前月から横ばいだった。

ほぼすべてのセクターで雇用が増加。民間部門は16万2000人増、政府部門も 1万3000人増えた。

製造業は6000人増と、7カ月連続の増加となった。

前月予想外に大幅増となっていた建設業も1万5000人増えた。

時間当たり賃金は24.31ドルと、9セント増加。

平均週間労働時間は34.2時間と、前月の34.3時間から減少した。厳しい寒波がおそらく影響したものとみられている。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。