ミニスカ導入で一悶着、スカイマークの誤算

エアバス「A330」導入も再延期

スカイマークの見込み違いは、ミニスカへの反応だけではない。A330による羽田―福岡線の就航開始はもともと3月だった。その後4月18日に延期したが、今回、整備規定の不備を理由として5月末に再延期したのだ。

画像を拡大
A330に導入されるグリーンシート

A330は、スカイマークが現在使用する米ボーイング社の「B737」型機(全席エコノミーで177席)より一回り大きな双通路の中型旅客機だ。通常サイズのエコノミー席なら最大440席収容できるが、スカイマークは271席にとどめ、その分、全席を「グリーンシート」と呼ぶ広めのシートとした。

グリーンシートは、前の座席との間隔が約96.5センチメートル。一般的な格安航空会社(LCC)のそれよりも23センチメートル以上、JALや全日本空輸(ANA)のエコノミー席と比べても約18センチメートル広く、ひじかけも大きい。脚を投げ出せるレッグレストも標準装備している。

現在、スカイマークの普通運賃設定は、実質的に大手の半額近い水準。グリーンシート移行後も、これまでと同等の価格優位性を維持する。最新鋭機でなく、登場から20年近く経ったA330を選んだのは、性能の割に値段が安く、最新鋭機よりも「約4割導入安いコストで導入できる」(西久保社長)からである。

競争激化で赤字に転落

国内航空市場は、消耗戦ともいえる状態にある。スカイマークは1月末、今年度に入って2度目となる業績見通しの下方修正を発表した。今2013年度の営業損益は20億円の赤字と、2008年度以来5期ぶりに営業赤字に転落する見込みとなっている(前期は46億円の営業黒字)。

画像を拡大
5月から就航するA330

苦戦要因の1つはコスト高だ。航空会社は機材(航空機)や燃料などをドル建てで調達しており、為替が急激に円安へ振れた影響で、大幅にコストが増加している。

加えて深刻なのが、競合他社との競争激化だ。特に、成田空港を発着する路線が苦戦している。2012年からジェットスター・ジャパンやバニラエア(旧エアアジア・ジャパン)といったLCC(ローコストキャリア)が、国内主要都市と成田を結ぶ便を就航。スカイマークは大手航空会社の半額程度の運賃で勝負してきたが、LCCはそれをさらに下回る運賃で攻勢をかけている。

あおりを食ったスカイマークの成田発着路線は搭乗率、平均単価ともに悪化。一部路線は撤退した。また、昨年春に羽田の国内線発着枠が拡大され、各社が増便を打ち出したことで、ビジネスマンや観光客の移動が多い「ドル箱」と呼ばれる東京―福岡、沖縄、札幌といった路線でも、供給過剰気味となっている。

スカイマークにとって、A330はこの消耗戦から抜け出すための切り札だ。LCCは運賃の安さが最大の武器だが、その分、多くの乗客を乗せる必要があるため、一般的な航空会社の機材と比べると、機内での快適性は劣る。スカイマークは大手の半額近い運賃を維持しつつ、水準以上の快適性も打ち出すことで、大手にもLCCにもない、新たな立ち位置を獲得しようとしている。それだけに、導入の再延期は頭の痛いところだ。

ミニスカとA330。発表時のインパクトが大きかっただけに、良くも悪くもスカイマークへの注目度は高まっている。きちんと顧客獲得へとつなげていけるのか。本当の勝負はこれからだ。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT