「ハイブリッド列車」運転免許は電車か気動車か

エンジン搭載、モーターで走る車両が増加

JR東海の特急用ハイブリッド車両「HC85系」。エンジンを搭載しているが、車両の記号は電車と同じだ(編集部撮影)

JR東海は昨年12月、「HC85系」という、特急「ひだ」「南紀」に投入するハイブリッド車両を報道陣に公開した。

ハイブリッド車両は、搭載したエンジンによって発電した電力と、蓄電池にためたブレーキ時の発生電力を併用し、モーターを回して走る車両だ。

車両を見て、気になる点が見つかった。エンジンを搭載している車両といえば一般的には気動車(ディーゼルカー)で、「キハ」「キロ」など、車両を識別する記号(形式称号)は「キ」だ。だが、HC85系は「クモハ」「モハ」「モロ」と、電車と同様の記号がついている。「クモハ」は、運転台のあるモーター付きの普通車、「モハ」はモーター付きの普通車、「モロ」はモーター付きのグリーン車である。

エンジンを積んだ車両なのに電車扱い? いったいどういうことだろう。

非電化路線でもモーターで走る車両

最近は、電化されていない路線でも従来形の気動車ではなく、モーターで走る車両が増えつつある。

JR九州が今春のダイヤ改正から投入するハイブリッド車両YC1系(編集部撮影)

ハイブリッド車はJR東日本の仙石東北ラインや小海線などで運行しているほか、JR九州も今春から大村線に投入予定だ。新潟・秋田地区で投入が進むGV-E400系のように蓄電池は搭載せず、エンジンで発電機を回し、その電力で走る「電気式気動車」もある。

ちなみに、小海線のハイブリッド車は「キハE200形」と気動車の記号が付いている。

車両に搭載した蓄電池の電力を使い、架線がない区間を走れる電車もある。例えば、JR九州の香椎線などを走るBEC819系(DENCHA)や、JR東日本の男鹿線、烏山線で使用されている車両だ。これらの車両は、電化区間では架線からの電力で走り、非電化区間では充電設備のある駅で蓄電池に充電し、その電力で走る。

次ページ気動車と電車は「免許」が別
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT