国立大・教育/研究水準ランキング【09年版】--国立大の“通信簿”は奈良先端大学院大が研究、教育ともトップ


 各学部・研究科につけられた評価を点数化し、大学ごとに平均を算出。教育研究水準の総合平均点が高い大学から並べてみたのが、4~7ページの表だ。(算出方法は8ページ「ランキングの算出方法」に掲載)。

■国立大学「研究水準」ランキング 1~43位 --4ページ
■国立大学「研究水準」ランキング 43~69位 --5ページ

■国立大学「教育水準」ランキング 1~35位 --6ページ
■国立大学「教育水準」ランキング 44~85位 --7ページ

評定については「各学部・研究科等を相対的に比較するものではない」とされている。確かに、求められる期待水準が大学によって違うので大学間の単純比較はできない。だが、大学経営に詳しいある研究者はこう語る。

「東大など期待水準が高い大学は当然、評価が厳しくなるので、かなりの成果を上げても『期待どおり』ということになるはず。その意味で、大学間であまり差がつかないのではと見ていたが、ふたを開けてみたら結構差がついていた」

教育水準、研究水準ともにトップとなったのは奈良先端科学技術大学院大学。大学院の充実と改革を狙って1980年代後半に打ち出された「先端科学技術大学院構想」に基づいて91年に設置された大学院大学で、「情報科学」「バイオサイエンス」「物質創成科学」の三つの研究科を持つ。バイオサイエンス分野は「iPS細胞」の発見で有名な山中伸弥・京都大学教授が所属していたことでも有名だ。

そのほかランキングの上位を見ると、教育・研究ともに医科、畜産、工科の単科大学が目立つ。学部・研究科などが多い総合大学では、評価にバラツキがあり、それが平均点に影響する場合がある。その点では単科大学のほうが有利といえる。ただし、同じ単科大学でも教育大学については、総じて厳しい評価となっている。

教育と研究の水準評価は全体的には連動する傾向が見られるが、教育水準で6位、研究水準で69位の福井大学のように、教育面でより高い評価を受けているような大学もある。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT