星野佳路「悪い口コミを怖がってはいけない」

五輪後に来るホテル余りには個性が問われる

星野リゾート代表の星野佳路氏(撮影:今 祥雄)
2020年に年間4000万人――。
政府が掲げる目標に向けインバウンドが順調に増加している。だが、その恩恵を享受する宿泊業界に、高級ホテル・旅館を運営する星野リゾートの星野佳路代表は警鐘を鳴らす。
『週刊東洋経済』12月23 日発売号の「2020大予測」では、経営トップ64人を含む計85人の注目パーソンにインタビュー。その中から、宿泊業界の前途を語った星野代表のインタビューをお届けする。

高齢化とインバウンド減速が打撃に

――2020年は東京五輪の開催という追い風が吹きます。

確かにここ数年、東京五輪に向けて増加するインバウンドの取り込みで、宿泊業界は活気づいた。ただ、東京五輪でそれが一段落すると、業界は大きな目標を失うことになる。

その後もインバウンドが成長し続けると信じるのではなく、課題を抱える五輪後の宿泊市場が本当に伸びるのか、真剣に考えるべきだ。

――五輪後の課題とは。

『週刊東洋経済』年末年始合併号(12月23 日発売)の特集は「2020大予測」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

まず2025年に向けて、今の旅行市場を支える団塊の世代が後期高齢者になっていき、必ず減速する。さらにインバウンドも、(全体の約4分の1を占める)韓国人客が足元で半減している影響が、来年から通年で効いてくるはずだ。

――それらの要因を踏まえ、2020年の国内ホテル市場の動向をどのように見込んでいますか。

東京や大阪、京都など、これまでインバウンドの成長を引っ張り投資が集中してきた都市で、一時的な供給過剰が発生するだろう。これはホテル産業の発展において避けては通れない新陳代謝で、決して悪いことではない。

むしろそういう時こそ、星野リゾートのような運営会社の真価が問われる。誰が運営してもうまくいく近年の宿泊市場では、あまり出番がなかった(笑)。

次ページ旅マエ(旅行前)も戦場に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT