ノバルティスに続き、武田薬品でも不正が発覚

第三者機関による調査の結果が焦点に

3月3日会見する武田薬品の首脳陣。中央が長谷川閑史社長(撮影:梅谷秀司)

世界第2位の医薬品メーカー、ノバルティスの降圧剤「ディオバン(一般名バルサルタン)」が脳卒中の発症抑制など血圧降下以外にどんな効能を持つかを調べた医師主導臨床試験において、ディオバンに有利となるデータ改ざんが行われ、その研究結果を利用した広告が薬事法の禁ずる誇大広告に当たるとして、ノバルティスが刑事告発されたことは記憶に新しい。

同じような事案が、国内最大の製薬メーカーである武田薬品工業の降圧剤「ブロプレス(一般名カンデサルタン)で発生していることが、報道を通じて明らかになった。

ブロプレスで誤ったデータを販促に使用

ブロプレスで指摘されているのは以下の点である。

① 京都大学EBM共同研究センターを中心に行われた医師主導臨床研究CASE-J(2000~2004年、心血管系障害発症抑制効果をアムロジピンと比較)に武田社員がWebデータシステム構築などを担当。同社員は研究終了後の2007年2月に同センターに移籍。武田は同センターに9年間で25億円を資金供与

② 2剤の心血管系障害累積発症率を比較したグラフが2つあることが判明。2006年の学会発表時のものと、2008年に米国専門誌に掲載された研究論文のもの。両者の違いは時間軸の長さで、学会版は48カ月、論文版は42カ月で、学会版は42カ月以後、それまで発症率でアムロジピン服用群よりも高かったブロプレス服用群が逆転して低下しているように見える

③ 論文が発表された2006年、武田はブロプレスが長期服用によって心疾患系障害発症で有利となるように見えるグラフを販促資材(製品パンフレット)に使い、ブロプレスを販売した

次ページノバルティスと相似形
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT