目指すは「日本最速」、JR東海ハイブリッド列車

試験運行を開始、2022年度の営業投入目指す

HC85系の走行シーン

車両デザインは沿線の飛騨・南紀地区をイメージした和のテイストを意識した。キハ85系では展望性を重視した流線型の先頭車もあったが、HC85系については現在のところそのようなタイプの車両は計画されていない。

「ひだ」「南紀」は需要に合わせて、また、行き先によって車両の増解結を頻繁に行っているという状況を考えると、今回のように連結時に車両間の行き来ができる貫通扉がついた先頭車のみに統一したほうが運用は単純化できる。とはいえ、この車両が走る予定の高山本線と紀勢本線はとくに車窓の美しい路線なので展望タイプの先頭車が消滅するとしたら残念だ。

客室はグリーン車と普通車の2クラスで構成されている。グリーン車、普通車ともに2+2のシート配列で、グリーン車についてはキハ85系では車両によって2+1配列と2+2配列と同じ料金でありながら1人用座席の有無などシート配列に格差があったものが統一された結果になる。

ハイブリッドへの置き換えは進むか

今回は普通車のみの公開だったが、紅葉や祭り、花火をイメージした明るい茶色のシートが特徴で、コンセントも全席に搭載している。

今後、ディーゼル車の置き換えはハイブリッド方式が主流になっていくかという問いに対して、JR東海の担当者は「ハイブリッド化のメリット、コスト面を考慮して決定する」と説明した。一概にすべてハイブリッドというわけにはいかないようだ。実際にJR東海では、2011年より国鉄型気動車を置き換える目的でキハ25系を導入しており、こちらは純然たるディーゼル車になっている。

JR東海の中でも代表的な観光地を持つ高山、紀勢本線だけにこの列車の注目度は高くなるだろう。HC85系は年内より実際に投入予定の東海道本線、高山本線、紀勢本線を中心に1年間の試験走行を行う予定で、その後、試験結果を検討して2022年の営業運転開始を目指す。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。