「チャンギ空港」で27時間遊び尽くしてみた

「世界一の空港」の実力を思い知った

シンガポールのチャンギ空港にあるHSBCレイン・ボルテックス(写真:Lauryn Ishak/The New York Times)

巨大なガラスのドームの内部には、森の中を流れる高さ約40メートルの滝があり、曲がりくねった道を進むとヤシやイチジクの木、ラン、アンスリウムが植えられている。そして1台のロボットが道を曲がってこちらにやってきた。

身長150センチほどのそのロボットはボトルに入った水を積んでいて、行き交う人々に軽快な声でそれを勧めている。私は喜んで水をもらった。でもロボットはおしゃべりをするために立ち止まってはくれず、私もその場を去った。次に向かうは地上約25メートルの「スカイネット」で空中散歩だ。

私の「空港バケーション」はこうして始まった。

空港なのに未来的なドーム型の娯楽施設

空港で過ごす休暇と聞いて読者がたじろぐ前に説明しよう。ここは普通の空港ではない。シンガポールのチャンギ空港だ。

テーマパークでもあり、未来的なドーム型の娯楽施設ともいえる。空港は通常、旅の中間地点だが、チャンギ空港は利用者に滞在してもらおうという珍しい空港だ。

確かにここはとても魅力的で、東南アジアへの旅行を計画していた私は、チャンギ空港で乗り継ぎをするだけでなく、1晩滞在しようと夫に提案した。27時間かけて魅力的なアトラクションを楽しむのだ。

屋上の「サンフラワーガーデン」(写真:Lauryn Ishak/The New York Times)

屋上の「サンフラワーガーデン」でのんびりしてもいいし、熱帯植物の間を舞うチョウを見てもいい。鏡の迷路「ミラーメイズ」で迷子になったり、チューブ型の滑り台で遊んだり、屋外の散歩道を散策したり――。

飛行機の時間を気にする必要はない。チャンギ空港のウェブサイトは、すべてがそろったリゾート施設のパンフレットのようだ。無料で24時間映画を鑑賞できる劇場やレトロなゲーム機、天窓から落下する滝を照らす光と音のショーもある。

次ページ大型複合施設「ジュエル」をオープン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT