トヨタ「新型カローラ」受注2万台を超えた意味

見え隠れするロイヤルカスタマー離れの予兆

2019年9月に発売されたトヨタ「新型カローラ」(写真:トヨタ自動車)

9月に発売されたトヨタ新型「カローラ」が、2018年に先行発売されていた「カローラ スポーツ」と合わせて、1カ月の間に約2万2000台の受注を得た。

日本自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車ブランド通称名別順位で月販1万台超えをすれば首位争いできる状況であるにもかかわらず、その2倍近くの台数に達したのである。これはすごい出来事である。関係者は、ひとまず胸をなで下ろしたことだろう。

初の「3ナンバー」カローラ

なぜ「すごい出来事」なのかというと、1966年に初代モデルが誕生して以来、新型カローラは初めての3ナンバー車だからである。初代カローラは、日産自動車の「サニー」とともに大衆車として生まれ、日本のモータリゼーションの発展と拡大を支えてきた。価格も性能も消費者に身近なクルマとしての価値を持ち続け、その象徴が5ナンバー(小型車)枠に収まる車体寸法でもあった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

国内の乗用車は、軽自動車枠のほかに5ナンバーと3ナンバーに分けられ、5ナンバー車は車体寸法で全長:4.7メートル以下、全幅:1.7メートル以下、そしてエンジン排気量は2.0リットル(ガソリンエンジンの場合)までという制約が設けられている。この枠組みに入れば、自動車税が抑えられてきた。

1990年度から税制が改訂され、5ナンバーと3ナンバーの税額の差が縮まり、日本車の3ナンバー化が進んだ。1989年度まで、エンジン排気量が2.0リットルを超えると自動車税額は8万1500円以上(以後、排気量により増税となる)となり、5ナンバー車の約2倍以上であったのだ。

左:初代「カローラ」、右:11代目「カローラ アクシオ」(写真:トヨタ自動車)

それは、3ナンバー車がぜいたく品扱いであったため。1979年までは、クラウンでさえ5ナンバー車であった。この税制改定は、当時のバブル経済が後押しにもなったはずだ。

カローラが大衆車であるとの意識はトヨタ内にもずっとあり、海外向けカローラは2006年に3ナンバーサイズになっていたが、国内では2012年に登場した先代モデル(11代目)まで5ナンバーサイズを維持してきた経緯がある。ではなぜ、今回12代目となる新型カローラで3ナンバー化へ踏み切ったのであろうか。

次ページ開発担当者が明かした3ナンバー化の理由
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。