弾劾裁判は逆にトランプ大統領に追い風になる 民主党は「勝てない喧嘩」を始めてしまった

✎ 1〜 ✎ 287 ✎ 288 ✎ 289 ✎ 最新
拡大
縮小

ここから先は、お馴染みの競馬コーナーだ。

今週末は2歳牝馬のG1レース、阪神ジュベナイルフィリーズ(12月8日阪神競馬場11R、距離1600メートル)が行われる。以前にもご紹介したことがあるのだが、このレースには筆者の盟友、上海馬券王先生が考案した必勝法則がある。

① 秋以降の実績を重視
② 1600メートル以上での実績を重視
③ 末脚を重視
④ 坂のあるコースでの実績を重視

つまり2歳牝馬は女子中学生のような存在なので、今年の夏ごろの実績は当てにならない。そして1400メートルや1200メートルのレース実績も当てにならない。坂がない京都や新潟や小倉で勝ったからと言って、阪神競馬場で通用すると考えてもいけない。

阪神JFの「必勝法則」で買えるのはリアアメリア

これらの法則を当てはめてみると、2戦2勝のキャリアを持つ馬は3頭もいるが、買えるのはリアアメリア(8枠15番)ということになる。

川田将雅騎手は、12月1日、ようやく今年初のG1をゲットしたところ。外国人騎手がごそっと香港のG1レースに詰めている今週末は、2週連続のチャンスということになる。心配はと言えば、リアアメリアがフルゲートのレースを体験していないことだが、幸いにも外枠を得たので馬群に包まれる心配は少なそうだ。

対抗にはクラヴァシュドール(5枠10番)、穴馬にはマルターズディオサ(5枠9番)を挙げておこう。特に後者はリアアメリアからのワイドでも結構、おいしいですぞ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT