弾劾裁判は逆にトランプ大統領に追い風になる 民主党は「勝てない喧嘩」を始めてしまった

✎ 1〜 ✎ 287 ✎ 288 ✎ 289 ✎ 最新
拡大
縮小

さらに困ったことに、年明け2月3日にはアイオワ州党員集会が行われ、2020年大統領選挙の予備選挙が始まってしまう。この間、上院議員は弾劾裁判でワシントンにくぎ付けとなる。エリザベス・ウォーレン上院議員やバーニー・サンダース上院議員は、序盤の選挙戦に参加できなくなってしまうのだ。

怒らされてしまった民主党は勝てない?

そうでなくても大統領弾劾という大ネタがあると、どうしても民主党内の予備選挙に関する報道は少なくなってしまう。12月19日には6回目の大統領候補討論会が予定されているけれども、翌日が弾劾訴追の投票日ではまったく霞んでしまうのではないか。

中国の古典に「憤兵は敗る」(漢書)とある。ペロシさんはもともと、大統領弾劾には否定的であった。党内からの突き上げを何度も抑えてきた。それがとうとう我慢しきれず、弾劾訴追へと舵を切った。つまり怒らされてしまった。トランプさんにとっては、狙い通りの展開なのではないだろうか。

政界は寸前暗黒。ひとつだけ間違いないことは、来年も「トランプ劇場」は高視聴率をマークする、ということであろう。最後に今後のアメリカの
政治日程を押さえておこう。

〇今後のアメリカ政治日程

第4次対中追加制裁関税の実施期限(12/15)
第6回民主党米大統領候補討論会(ロサンゼルス、12/19)
米暫定予算の失効予定日→下院がトランプ大統領を弾劾訴追?(12/20)
<2020年>
日米経済協定が発効(1/1)
米上院でトランプ大統領の弾劾裁判始まる(1月初旬)
トランプ大統領の一般教書演説(1月下旬)
アイオワ州党員集会(2/3)→米大統領選挙予備選プロセス始まる
弾劾裁判が結審?(2月初旬)
ニューハンプシャー州予備選挙(2/11)
(本編はここで終了です。次ページでは競馬好きの筆者が週末のレースを予想します。あらかじめご了承下さい)。

次ページここからは競馬コーナー。阪神JFの勝者は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT